ニュース 青年のページ 政策と主張 議員・候補者 リンク お問合せ プロフィール
ニュース

 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 3月26日付け

 

       昭恵氏の喚問こそ

       清水議員が国会報告

 

香芝市議選3.jpg

 定数16を23人で争う多数激戦となっている奈良県香芝市議選(26日投票)で、2議席を確保し勝利をと、日本共産党の清水ただし衆院議員が25日、緊急街頭演説をおこない、「森友学園」問題などについて国会報告をおこないました。

 近鉄五位堂駅前では、奮闘中の日本共産党中井まさとも候補が、市内磯壁(いそかべ)の交差点前では、池田えい子候補がそれぞれ「市民の願い実現の為に日本共産党を大きく伸ばして下さい」と訴えました。

 両候補への支援を訴えた清水氏は、森友学園への国有地払い下げ問題にかかわる国会での証人喚問について詳しく報告し、「籠池理事長は、偽証罪が問われる証人喚問で証言しました。それを否定するのであれば、安倍昭恵夫人もその他関係者もすべて、証人喚問で証言するのが筋ではないでしょうか、逃げ回ることは許しません」と訴えました。

 清水氏は、今国会で可決された「共謀罪」の危険性について説明し、「二度と戦前にしないために、『共謀罪』を廃案へ共産党は全力でがんばります。そのためにも、この香芝市では、党派を超えて池田、中井両候補へ皆さんの願いを託してください」と訴えました。

 買い物帰りの男性が立ち止まり話を聞く姿や信号待ちの車内で、清水氏の訴えに何度もうなずく女性の姿が見られました。


 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 3月25日付け

 

 「税金の使い方は市民のくらし優先に」

      池田、中井候補が全力

 

香芝市議選 池田さん.jpg

池田候補

香芝市議選中井さん.jpg

中井候補

 奈良県香芝市議選は、あす26日投票日を迎えます。定数16に現職16人、新人7人が争う大激戦になっています。

 日本共産党の池田えい子(50)、中井まさとも(58)=いずれも現=の両候補は、スポーツ公園計画の見直しや学童保育所の民営化問題、税金の使い方は子育てや高齢者の介護充実優先へ変えようと訴えています。

 市民からは「公報を見た。おたくにがんばってほしい」「公共バスをもっと使いやすく」「保育士として森友問題は許せない」など政治への願いや怒りが寄せられています。子育て中の若い世代からも激励がひろがるなど2候補の訴えに共感が広がっています。

 党支部や後援会員らは、地域からの要望を載せたビラを配布。対話、支持拡大に全力をあげ「最後まで頑張りぬいた候補が勝利する。投票日も危険防止に最後までろりくみ、2議席を絶対勝ち取ろう」と奮闘しています。

 

 


 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 3月24日付け

 

     市民と野党の共闘で撤回を

       共産党奈良県委員会

 

共謀罪緊急宣伝3月22日 1.jpg

 日本共産党奈良県委員会は22日、「内心を処罰する違憲立法『共謀罪』市民と野党の共闘で撤回を」の垂れ幕を掲げ、「共謀罪」廃止の緊急宣伝を近鉄奈良駅前で行い、勤務員らが署名を集めました。

 細野歩県委員長は、「国民の会話やラインでのやり取り、メールも監視の対象となり、これは内心の自由を侵すものです」と閣議決定を厳しく非難しました。

 また、21日の夕刻には、大和郡山憲法共同センターが、近鉄郡山駅前で「共謀罪」の廃案を求める街頭宣伝をおこない、日本共産党のしもとり純一衆議院奈良2区予定候補、大和郡山市議団も参加しました


 

      しんぶん赤旗奈良県ニュース

 

        大淀町で意見書可決

 

 奈良県大淀(おおよど)町議会は16日、3月定例議会の本会議において、「テロ等準備罪」(共謀罪)法案に反対する意見書(日本共産党の岡向正道町議が提案)を賛成多数で可決しました。

 意見書には、同法案について、憲法で保障された思想・信条、良心の自由を侵す法案であり、「テロ対策」どころか、広く市民・団体を監視することにつながり、警察の日常的監視、「密告」社会を招くと危険性を指摘し、戦後年、日本国憲法のもとで定着してきた自由と人権、そして民主主義を守るために「共謀罪」法案に強く反対するとしています。

 意見書は、地方自治法第99条の規定により、安倍総理をはじめ衆参院議長、法務大臣あてに送付されます。

 


 

      しんぶん赤旗奈良県ニュース

 

         道行く人がエール

 

3・10奈良でも.jpg 

毎週金曜日の「脱原発奈良でも行動」が17日、234回目の行動をJR奈良駅前でおこない19人が参加しました。

 デモ出発前には、参加者の持つミニプラスターを見た、年配の夫婦が「なにしてるんですか」と参加者に声をかけてきました。参加者が、集会の経緯や毎週行動している事を伝えると、男性が「良い活動ですね、がんばって」と声をかける姿がありました。

 参加者らは、ミニプラスターやちょうちんを手に「原発いらない」「再稼働反対」「原発とめろ」とコールしながら、関西電力奈良支店前までデモ行進をおこないました。

 JR奈良駅前に戻ってきた参加者らは、「脱原発の歌」を歌ってアピールをしました。


 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 3月21日付け

 

       暮らし優先の香芝を

       市議選告示 2議席必ず

 

香芝市議選告示.jpg

 奈良県香芝市議選(定数16、立候補23人)が19日告示(26日投票)され、日本共産党の池田えい子氏(50)、中井まさとも氏(58)=いずれも現=が立候補し、現有議席確保に奮闘しています。

 選挙戦は、定数16に、現職16人と新人7人(共2、民2、公3、維新2、無14)が立候補する7人はみだしの大激戦となっています。

 中井、池田両候補は、学童保育の民営化問題について述べ、「子育て世代を応援するのが香芝市の役目です」「市民の願い実現のための大切な2議席をふたたび議会へ送ってください」と訴えました。両候補の訴えに、車から手をふる人や立ち止まって訴えを聞く姿が見られました。

 両候補は、JR香芝駅の早期バリアフリ―化や、保育所、幼稚園、学童保育所の改善など、子育て、介護、くらし優先の公約をかかげて奮闘しています。

 党支部や後援会員らは、市民の声を議会へ届け、市政をチェックする市議会議員の役割を果たすために「党の議席は香芝にとってなくてはならない」と最後の最後まで頑張ろうと奮闘しています。


 

しんぶん赤旗奈良県ニュース 3月20日付け

 

      絶対イヤだ共謀罪

      300人が集会、行進

 

3・19県民集会.jpg

 憲法9条守れ!奈良県共同センター」は19日、「安保法制廃止!戦争する国づくり許すな!『共謀罪』阻止!3・19奈良県民大集会」をJR奈良駅前で開催し300人が参加しました(主催者発表)。

 同センターの佐藤真理代表世話人が「共謀罪などの諸課題を安倍内閣打倒の一点で結節して、国民の権利を守る野党連合政権をつくるために頑張りましょう」と主催者を代表してあいさつしました。

 政党からは、日本共産党の衆議院奈良1区予定候補の井上良子氏が「野党と市民の共闘で安倍政権を退場させ、新しい政治を一緒につくっていきましょう」とあいさつ。新社会党の福井義博奈良県本部副委員長が連帯のあいさつをおこない、民進党奈良県総支部連合会代表の馬淵澄夫衆院議員からのメッセージが紹介されました。

 また、奈良市民連合の浅野詠子共同代表、繋ぎ結ぶママ達の会の坪本加奈恵さん、奈良弁護士会の石黒良彦弁護士など各民主団体からも連帯のあいさつがありました。

 集会後、参加者らは「テロ対策とウソつくな!」「絶対反対!共謀罪」「ラインやメールをのぞき見するな!」「絶対いやだよ!共謀罪」とコールしながらパレードをおこない、観光客などにアピールしました。


 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 3月18日付け

 

      2議席確保へ奮闘

     奈良県香芝市議選 明日告示

 

香芝市議選 池田さん.jpg

池田えい子候補

香芝市議選中井さん.jpg

中井まさとも候補

 奈良県香芝市議選が19日告示されます(定数16・26日投票)。日本共産党は、池田えい子(50)、中井まさとも(58)両市議が立候補し、現有2議席絶対確保をめざし奮闘しています。選挙戦は、定数16に現職16人、新人7人が立候補する激しい選挙戦が予想されています。

 池田、中井両市議は、不急の大型公共事業優先に反対、中止や見直しを求め事業の縮小をさせ、保育園や学童保育所の保育料の値上げなど子育てや暮らしへの負担増に反対の立場をつらぬいてきました。

 この間、両市議は市民とともに署名活動などに取り組み、公共バスの存続や香芝市総合プールの継続、子どもの医療費助成制度の拡充を実現。電車とホームの段差が30造發△襭複匚畆捻悗料甦バリアフリー化を求めて奮闘しています。

 党支部や後援会員らは、「香芝市にとってなくてはならない議席」と党の存在を知らせ、最後まで市民に声を届けきろうと奮闘しています。


 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 3月18日付け

 

    上下水道問題で住民懇談会開く

        党奈良市議団

 

 日本共産党奈良市議団はこのほど、東部山間・月ヶ瀬・都祁(つげ)地域の3カ所で、市企業局が進めようとしている上下水道の官民連帯事業について住民懇談会を2日間にわたって開催しました。日本共産党の田村衆議員の委員会質問のVTRを視聴し、党市議団が基調報告をおこないました。

 市企業局が進める官民連携事業は、上下水道施設の所有権は企業局がもち、双方が50%の出資で新会社を設立し、維持管理・更新工事をおこなうものです。

 懇談会では、「昭和の合併で東部山間が、平成の合併で月ヶ瀬、都祁が奈良市に編入したのに、同じ奈良市なのに経費がかかり、効率が悪いと今度はこの地域を切り離すのか」「地域の簡易水道は、地域住民が何年もかけて手掘りの奉仕で造った血と汗の結晶、民間に渡したくない」など怒りの声があがりました。


 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 3月17日付け

 

    「共謀罪」法案反対の意見書

 

 奈良県三宅町議会は10日に開かれた本会議で、「『テロ等組織犯罪準備罪』(共謀罪)法案の国会提出の中止を求める意見書」(日本共産党の池田年夫町議が提案)を賛成多数で採択しました。

 意見書では、同法案の問題点について▽憲法で保障された思想・信条、内心の自由を侵す▽「テロ対策」どころか、広く市民、団体を監視することになる▽警察の日常的監視、「密告」社会を招くーと指摘し、同法案は国民の監視と密告による弾圧を可能にする法律にほかならない、日本国憲法のもと、自由と人権、民主主義を守るために、この法案に強く反対するとしています。

 意見書は、地方自治法第99条の規定により、安倍総理をはじめ関係閣僚あてに送付されます。



最新記事

記事カテゴリー

過去の記事

さらに古い記事

記事検索

その他

mobile

qrcode