ニュース 青年のページ 政策と主張 議員・候補者 リンク お問合せ プロフィール
ニュース

 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 10月31日付け

 

     しんぶん赤旗囲碁・将棋大会

    囲碁は徳弘氏V将棋は山根氏に

 

2017年囲碁将棋大会.jpg

 第54回しんぶん赤旗囲碁・将棋奈良県大会が29日、大和郡山市内で開催され、優勝は囲碁の部が、徳弘晴彦氏(52歳、生駒市)、将棋の部が、山根紘也氏(22歳、生駒市)に決まりました。

 11月の全国大会出場者は、囲碁の部は都合で参加できない徳弘氏に代わり2位の野口徹氏(61歳、生駒市)、将棋の部は、山根氏です。

 結果は次の通り(敬称略)。

(囲碁の部)1位=徳弘晴彦、2位=野口徹。(将棋の部)1位=山根紘也、2位=古作登(54歳、奈良市)、3位、小林憲治(24歳、奈良市)


 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 10月31日付け

 

       大谷候補の10選必ず

     奈良・五條市議選“市民の声実現”

 

五條市演説会.jpg

 奈良県の日本共産党五條市委員会は29日、同市で演説会を開き、11月12日告示(19日投票)される同市議選で10期目をめざす大谷たつお候補(70)が必勝の決意を述べました。

 清水忠史前衆院議員がかけつけ、総選挙で候補者としてたたかい自身の議席獲得に至らなかったことを述べつつ、立憲野党の前進に日本共産党が貢献したことを強調。安倍政権を倒すために党を躍進させ、市民と野党の共闘をさらに前進させようと訴えました。

 大谷候補は、台風21号の被害状況などについて市内の柿農家などを調査したことを報告。〆匈乙澑腓繁漂勠国保税を始めとする負担軽減G昔啅氾の復興ぞ子化対策と教育の充実ダ廼發量蟻霧い阻止ーの5つの公約を述べ、「市民の切実な声を実現していくために、今度も市議会に送ってほしい」と訴えました。


 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 10月29日付け(地域発)

 

          「再稼働反対」

 

10・27奈良でも行動.jpg

 毎週金曜日の「脱原発奈良でも行動」が27日、265回目の行動をJR奈良駅前でおこない、20人が参加しました。

 呼びかけ人の白川史恵さんは、福島原発事故後、福島から東京に避難した17世帯47人が、国と東電に損害賠償を求めた訴訟が東京地裁で結審したことについて、「一人ひとりの実態に合わせた賠償を国や東電はすべきです」と訴えました。

 参加者は、関西電力奈良支店前まで、ちょうちんやミニプラスターを手に「原発いらない」「再稼働反対」とコールしながらデモ行進をしました。デモ隊が通ると、すれ違った女性が大きくうなずきました。

 参加した女性は、「寒くなったり、選挙があったりで、久しぶりに参加しました」と話しました。

 


 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 10月28日付け(14面)

 

         正倉院展きょうから

         国際色豊かな宝物多数

 

DSC_8869.jpg

   正倉院展パンフレットから

 古都奈良の秋の風物詩「正倉院展」が、奈良市の奈良国立博物館で28日から開催されます。11月13日まで。

 第69回の今回は、10件の初出陳を含む58件の宝物が陳列され、仏・菩薩(ぼさつ)への献物品(けんもつひん)など、供養に用いられた宝物、刀子(とうす=木簡を削るために用いた文房具の小刀)など佩飾品(はいしょくひん=腰帯につるす装身具)や帯など腰回りを飾った品々などが多数陳列されています。

 また、ペルシアに起源があるとされる緑瑠璃十二曲長杯(みどりるりのじゅうにきょくちょうはい)や鳥頭の長い首が特徴の金銅水瓶(こんどうのすいびょう)、インドに起源を持つ迦楼羅(カルラ)の技楽面など、国際色豊かな宝物も展覧会の目玉の一つとなっています。

 同博物館の松本伸之館長は「正倉院宝物は8世紀当時から人々が大切に守り伝えられてきた世界に唯一といっていい宝物です。短い会期ですが、年1回の機会に、ぜひ多くの方々にご参観いただけたらと思います」と話しています。
 

  ○観覧料

          当日      前売り     オータムレイト 

           

     一般  1100円   1000円     800円

 

   高校・大学  700円    600円     500円

 

   小・中学生  400円    300円     200円

 

  オータムレイトチケットは、閉館の1時間半前から入場できる当日券です(閉館の2時間半前から販売します)。


 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 10月27日付け

 

       台風21号被害深刻

       奈良 宮本県議が現地調査

 

三郷町よう壁現場.jpg

 22日に近畿に最接近した台風21号は、奈良県でも三郷町、斑鳩町、安堵町、平群町、生駒市などに甚大な被害を及ぼしました。

 三郷町では、近鉄生駒線の勢野北口(せやきたぐち)ー竜田川(たつたがわ)間で、よう壁が崩落、土砂が線路をふさぎ、列車が運行できない状況となり、25日の運転再開まで通勤や通学などに支障をきたしました。

 平群町では、総合体育館に隣接する山が崩れ、大量の土砂が体育館の駐車スペースに流れ込むなどしています。

 斑鳩町、三郷町では、大和川に流れ込む支流の川があふれ、田んぼや道路、民家が冠水しています。

 日本共産党の宮本次郎県議が、浸水被害や土砂崩れが起きた地域を回り、調査。奈良交通の振替輸送バスで「本数が少ない」「駅の案内が小さくて見えない」などの要望が出ているのを受け、宮本県議は同社に改善を求めました。

 


 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 10月26日付け(地方発)

 

         宝田氏が平和講演

 

宝田明平和後援会.jpg

 

 俳優の宝田明氏を招いた「平和講演会」が22日、奈良県香芝市内で開かれ、160人が参加しました。同実行委員会と(株)宝田企画、香芝市文化施設ふたかみ文化センターの共催です。

 11歳のときに「満州」で終戦を迎えた宝田氏は、ソ連軍の侵攻による混乱のなか、たばこ売りや靴磨き、石炭運びなどをして生活を支えた体験を、引き上げ時の愛犬とのつらい別れを交え語りました。

 人間が犯す大罪中の大罪が戦争をおこすことであり、日本が起こした日清・日露戦争や太平洋戦争で犠牲になった多くの尊い命の上に「世界に冠たる憲法9条がある」と力説。戦争反対の気持ちを表すため、自分の体験をもとにつくった「宝田明物語」を朗読しながら全国を回っていると話しました。

 宝田氏が2015年の原水爆禁止世界大会のために作詞した「私の願い」や自身の出演映画「青い山脈」の主題歌などを会場の参加者とともに歌いました。


 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 10月25日付け

 

        奈良・葛城市議選

        谷原氏が初当選

 

葛城市バンザイ写真.jpg

 奈良県葛城市議選(定数15、立候補者19人)が22日投開票され、日本共産党の谷原一安氏(62)が1061票を獲得し9位で初当選を果たし、現有議席を獲得しました。

 選挙戦は、定数15を19人があらそう大激戦となり。谷原氏は子育て世代の応援、国保料の引き下げ、日本共産党の議席の値打ちを訴えたたかいました。

 当選の報に、谷原氏は「新・道の駅建設事業の不正問題の究明など、公約実現に全力を尽くします」と決意を表明しました。

 ◆奈良県葛城市15‐19

当谷原一安(62)新

     1061

 議会新分野は次の通りです。(カッコないは前回当選者数)

 ▽共1(1)公2(2)維新1(1)無11(11)議席占有率11・1%(11・1%)

  (投票率67・16%)


 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 10月25日付け
 

       老朽原発はすぐ廃炉に

 

DSC_8663.jpg

 毎週金曜日の「脱原発奈良でも行動」が20日、264回目の行動をJR奈良駅前で行い15人が参加しました。

 呼びかけ人の白川史恵さんは、関西電力が大飯原発の廃炉を検討している理由が、原子炉格納容器の安全対策工事のコストが膨らみ採算が合わなくなったためであり、原発はコストがかからないと宣伝してきたことと矛盾すると述べ、「原発ゼロの日本に、老朽原発は直ちに廃炉を」と訴えました。

 参加者は、タンバリンや小太鼓のリズムに合わせて「原発いらない」「再稼働反対」とコールしながら関西電力奈良支店前までデモ行進をしました。


 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 10月20日付け

 

      安倍改憲を阻止しよう

 「戦争瀬ない奈良1000人委員会」呼びかけ人

         淺川 肇さん

 

浅川さん.jpg

 私は、「戦争させない奈良1000人委員会」の呼びかけ人をしています。安倍首相の選挙の狙いは改憲です。改憲反対の声が高まらないうちに3分2の勢力を国会内に作ろうとしているのです。

 安倍首相が変えたい憲法とは、戦前の国家主義、帝国主義にもどす憲法です。小林多喜二が拷問され殺されたことは、皆さんも知っているでしょう。そんな国に再びしたいと思いますか。

 私たちは、安倍首相のたくらんでいる改憲に反対しなければなりません。今、反対しているのが共産党です。だから私は共産党を支持します。

 今度の選挙は、戦争をする憲法をつくりたい安倍政権と憲法を守って戦争させない、平和と私たちの人権を守るためのたたかいだということを認識していただいて、小選挙区も比例も共産党に入れてください。

 


 

    しんぶん赤旗奈良県ニュース

 

       安倍政権危ない

○…奈良県の大和高田市の高田西支部は、連日電話での支持拡大に奮闘しています。

 同支部の松尾忠さんは、15日頃から届いた選挙ハガキや政見放送を見た人から「ああ、共産党ね」「私も、戦争はいや、憲法を守らないといけないと思っている」など好意的な反応があると話します。

 松尾さんらは、憲法問題を重点にして、「安倍政権が戦争をする国にしようと憲法改憲を狙っている、戦争は絶対にダメ。憲法を守るために、比例は共産党へ、選挙区は所すすむに」と訴えて支持拡大に奮闘しています。

 電話に出た男性は「今の安倍政権がしていることは危ない」と話しました。

 

      保育園前でプラスター宣伝

 ○…奈良市の各支部は、市内の大学前や幼稚園、保育園前で大型プラスターを使って宣伝をおこない、保護者や学生に支持を訴えています。

 鼓阪(つざか)支部は20日、地域の市立保育園の前で宣伝をおこない、送迎の保護者にビラを配りました。

 支部員が、「自民党は保育料をタダにすると言っていますが、保育所を作ることが先です」と訴えると、ビラを受けとった女性保育士は「私もその通りだと思う」と支持を約束しました。

 同日、奈良市女性後援会は民間保育所前で宣伝し、送迎途中の保護者にビラを配りました。

 宣伝中に、近所に住む女性が「子どもばっかり言うけど、年金者も大変なのよ」と声をかけてきました。後援会員が「軍事費を減らして年金を増やしたいですね」と答えると女性は「軍事費は減らさないといけない」と対話が弾みました。



最新記事

記事カテゴリー

過去の記事

さらに古い記事

記事検索

その他

mobile

qrcode