ニュース 青年のページ 政策と主張 議員・候補者 リンク お問合せ プロフィール
ニュース

 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 2月14日付け

 

    みんなで学び みんなで成長

 

民青代表者会議.jpg

 日本民主青年同盟(民青)奈良県委員会は11日、第54回県代表者会議を奈良市内で開催しました。「みんなで学んで要求実現、一人ひとりの成長を勝ち取ろう」と呼びかけ、全ての班で仲間を迎え、10人以上、2桁の仲間を班へ迎えようなどとした決議を採択し、県委員を選出しました。

 白川史恵県委員長は「『班はみんなの居場所』あたたかい人間関係、なんでも話し合え、やりたいことを実現できる班会を大切にしよう」と話し、そのためにも「学習を通して一人ひとりが成長し、県同盟の質的向上を目指そう」と訴えました。

 会議では、2か月前に加盟した高校生代議員が「参加する前は、班会って堅いイメージだったけど楽しかった。民青に加盟していろんな人と話す機会が増えたのがよかった」と話し、職場班の代議員は「社会保障制度など学習に力を入れていきたい」など、各班の状況などが交流されました。

 日本共産党奈良県委員会の谷川和広書記長は「民青が、ますます大きく楽しくなるように共に頑張りましょう」と連帯のあいさつをおこないました。

 選出された役員は次の通りです(すべて再任、敬称略)。▽委員長=白川史恵▽常任委員=乾資弥、植田岳人


 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 2月12日付け(日曜版)

 

        奈良公園の環境壊す

     県民合意の古都のまちづくりを

 

1高畑裁判所跡地.jpg

景勝地「浮見堂」とホテル建設が計画されている裁判所跡地」(右手奥)=奈良市

 

 名勝・奈良公園の若草山にモノレールを建設しようとして住民の反対で頓挫したことを反省しない奈良県の荒井正吾知事は、今度は、同公園内に高級ホテルを建設しようとしています。地域住民は「奈良公園の環境を守ろう」と反対運動を広げています。(奈良県・石橋和美)

 

 県が高級ホテルを建設しようとしているのは、同公園内裁判所跡地(約1・3如疇猯瓢垤眸町)。景勝地浮見堂(うきみどう)に隣接しています。同跡地は、「文化財保護法」や「古都保存法」、「奈良市風致地区条例」の「第一種風致地区」に指定されています。そのため新たな開発を厳しく規制しています。

 1998年に登録された「世界遺産・古都奈良の文化財」の緩衝地帯(バッファーゾーン)に指定されています。また、室町時代から明治時代に存在した興福寺の子院「松林院」の遺構や、大正時代の実業家の別邸跡と庭園遺構が確認されています。

 

 開発出来ないところにどうやって建築しようというのか

 県は、ホテル建設を可能とするため、都市公園法にもとづく公園区域に取り込むことで、公園の「便益施設」という名目を付け、民間ホテルを誘致しようとしています。

 県は「公園内にふさわしい歴史と文化の香りが漂う上質な宿泊施設を整備し、奈良公園の魅力向上を図る」と説明。公募の上、4月には建設業者を発表する方針です。

 

 夢枕獏さんも

 

 高畑町の住民は昨年12月「奈良公園の環境を守る会」と「高畑町住民有志の会」を結成。知事あてに「『奈良公園』内におけるリゾートホテル建設反対」の申し入れと県内外から集まった署名7374人分を1月12日に提しました。署名の呼びかけ人には、作家の椎名誠氏や夢枕獏氏などがなっています。

 両会は、ホテル建設反対の理由として仝靴靴さ制がかけられてきたこの地を守りたい地元住民の住環境を守る9餾「地方創生」「観光立国」「インバウンド(訪日外国人)誘致」に便乗した無秩序な開発への警告っ楼莉嗣韻紡个垢觚の不誠実な対応への不信―をあげています。

 

 同会は1月19日、風致地区内の建築などの行為に許可を出す権限を持つ奈良市、同地利用についての質問状を送付。2月18日、午後6時から、県文化会館でシンポジウムを開催します。

 

 日本共産党の山村さちほ県議は、昨年の12月定例県議会で、「高畑裁判所跡地の整備」について質問。「奈良公園は、開発を厳しく規制された重要な環境保全地域です。知事は反対する住民の意見を真摯(しんし)に受け止め、ホテル建設を取りやめを」と求めました。

 荒井正吾知事は、一部建設に反対する住民がいることを認識していると答えるものの「奈良公園の維持管理保全に高級ホテルの力が必要」とホテル誘致に固執する態度を示しました。

 

 「平和・民主・革新の日本をめざす奈良市民の会(奈良市革新懇)」は1月24日、知事宛てに「奈良公園周辺のまちづくりは、県民合意が必要です」と申し入れを行いました。

 奈良歴史遺産市民ネットワークと奈良市革新懇、日本共産党奈良県議団は、2月26日午後1時半から、県文化会館で「奈良公園のねうちを語ろう」と題するシンポジウムを開催します。

 

高畑住民有志の会辰野勇代表1.jpg

  奈良公園の環境を守る会・高畑町住民有志の会代表

   辰野勇さん(アウトドア用品会社「モンベル」会長)

 

奈良公園は今のままで十分魅力があります。10部屋の高級ホテルを建てたら奈良公園の価値が上がると、ホテル建設に躍起になっている知事の考えは理解できません。建設予定地は県民、国民の大切な資産です。きちんと整備して一般開放し、誰もが使える公園にするべきです。既存の旅館、ホテルに対して手厚い支援をするべきです。

 

 

 


 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 2月12日付け

 

      「共謀罪」の阻止必ず

 

建国記念の日に反対する県民集会.jpg

 奈良市で10日、「第51回『建国記念の日』に反対する奈良県民集会」(同実行委員会主催)が開かれ、41人が参加しました。

 治安維持法犠牲者国家賠償要求同盟奈良県本部の田辺実会長は「歪められた歴史認識を正すという立場で実行委員会に加わってきました」と話し、今国会で提案されている共謀罪法案の危険性を語り、「なんとしても阻止しないといけない」と訴えました。

 NHK問題を考える奈良の会は、「NHKは公共放送として放送法を守れと裁判をしています」と話し、3月までに、100人の原告団を組織し、集団訴訟を行いたいと決意を述べました。

 奈良県教職員組合は、「学力テストと道徳の教科化で学校現場が大変なことになっています」と話し、教師の長時間労働の問題や学力テストが学校現場におよぼす弊害について発言しました。

 


 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 2月11日付け

 

     市民ら「現地ウオッチング」

 

 

 奈良歴史遺産市民ネットワークと奈良市革新懇、日本共産党奈良県議団は10日、県が奈良公園・浮見堂のとなりにある「旧高畑裁判所跡地」に高級ホテルを建設しようとしている問題で、計画地がどのような場所なのか知るために「現地ウォッチング」を開催、約60人が参加しました。

 参加者らは、同市民ネットの小宮みち江事務局長の案内で計画地内の、明治時代の実業家のこだわりがうかがえる石組の滝や池の跡などを見学し、古都保存法や風致地区として保存されたきた場所だと説明を受けました。

 小宮事務局長は「庭園などの管理はホテルがすることになるので、旧大乗院庭園のように有料になる可能性があります」と話すと、参加者からは「ホテルにしないで、きれいにして誰でも見られるようにしたらいいのに」などの声が聞かれました。

 現地ウォッチングには、高級ホテル建設に反対する、「奈良公園の環境を守る会」と「高畑町住民有志の会」の辰野勇代表(アウトドア用品会社「モンベル」会長)よりメッセージが寄せられ、参加者へ読み上げられました。

 市民ネットと奈良市革新懇は26日、県文化会館で奈良公園シンポを開催する予定です。


 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 2月11日付け

 

      道路の危険箇所直して

 

1IMG_3941.JPG奈良土木への説明1.jpg

 日本共産党奈良地区の済美南支部と大安寺支部は9日、先に行った道路の危険カ所調査にもとづき、県道木津・横田線と京終・薬師寺線の歩道整備などを奈良土木事務所に申し入れました。

 参加者は、「歩道が凸凹で歩きづらい」「歩道幅が狭く一人しか通れないため車道を歩かざるをえない」「水路に柵のないところがあり転落の危険がある」など写真も示しながら具体的に改修を求めました。

 対応した土木事務所の今中広文主幹は「現地調査をし、1カ月以内に改修工事の見通しを回答する」と述べました。

 申し入れには山村さちほ県会議員、井上まさひろ市会議員が同席しました。


 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 2月7日付け

 

     やった共産党3議席

    橿原市議選  市民優先市政へ

 

橿原市議選バンザイ写真.jpg

当選を喜び合う(後列左端から)竹森、西川、今西の3候補と後援会員ら

 

 奈良県橿原市議選が5日投開票され、日本共産党の竹森衛(64)、西川正克(59)の両市議とともに元市議の今西貴昭候補(66)が当選し、前回失った議席を回復、2議席から3議席になりました。

 日本共産党は、4457票(前回比221票増)を獲得し、得票率では前回比1・01ポイント増の10・27%となりました。

 選挙戦は、定数24に現職、新人、元職29人が立候補する大激戦となりました。党支部や後援会員らは、3候補を先頭に、「ムダな大型公共事業をやめ、市民優先の市政へ」「粗大ごみの有料化ストップ」と多くの人に支持を訴え奮闘しました。

 選挙戦では、「共産党がふえて、がんばってほしい」「ゴミの話は、初めて聞きました。ムダづかいしながら許せない」など期待と関心が寄せられました。

 当確後、竹森、西川、今西の3候補は後援会員らと当選を喜び合い「引き続き、税金のムダづかいをやめ、市民のくらし優先の市政に向け、掲げた政策の実現のため全力で頑張ります」と決意を語りました。

 

◇開票結果は次の通りです

 ◆奈良県橿原市24‐29

竹森衛(64)現

     1723

今西貴昭(66)元

     1410

西川正克(59)現

     1324

 議会新分野は次の通りです。(カッコないは前回当選者数)

 ▽共3(2)自6(2)公4(4)民進2(1)維新1(0)無8(15)議席占有率12・50%(8・33%)

  (投票率43・14%)


 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 2月5日付け

 

    奈良でコール原発いらない

 

 毎週金曜日の「脱原発奈良でも行動」が3日、JR奈良駅まで228回目の行動をおこない20人が参加しました。デモの前には、参加者の男性が「良い声でコールができるように」と飴を配ってくれます。

 呼びかけ人の白川史恵さんは、福島原発内のカメラ調査の結果、放射線量が最大で毎時約530シーベルトに上ると推計結果がでたことについて「人間がその場に1分足らずいるだけで死にいたるほどの高い放射線に、廃炉作業の困難さが改めて浮き彫りになり、原発はいらないとおもいました」と訴えました。

 参加者が「原発いらない」「再稼働反対」とコールしながら関西電力奈良支店前まで行くと、その姿を立ち止まって真剣にみる青年の姿がありました。


 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 2月4日付け

 

      NHKは放送法守れ

    奈良地裁 原告側が意見陳述

 

NHK裁判1・24.jpg

 NHKに対して「放送法第4条を尊守してニュース番組などを放送する義務」を求め提訴した、生駒市の宮内正巌氏の第2回口頭弁論が1月24日、奈良地方裁判所で行われ57人が傍聴しました。

 裁判では、原告側の佐藤真理弁護士らが意見陳述に立ち、NHKが政府の広報機関化している事を厳しく批判し、放送法の「政治的な公平性」や「意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにする」ことなどの順守を求めました。

 裁判終了後、「NHK問題を考える奈良の会」は裁判の報告会と、浪本勝年氏(日本教育法学会・理事)を招き、「今次奈良の裁判に期待すること」と題して講演会をおこない52人が参加しました。

 浪本氏は、自身の関わった教育裁判の経験から、「判決が出たら終わりではなく、しっかり批判していくことが大切」と学習や傍聴活動や同様の趣旨で訴訟を起こしてたたかっている団体との積極的な交流の重要性などを語りました。


 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 2月4日付け

 

      党3議席獲得へ奮闘

 

橿原市議選竹森候補.jpg

竹森候補

橿原市議選西川候補.jpg

西川候補

橿原市議選今西候補.jpg

 定数24に29人が立候補し、5人はみ出しの大激戦となっている奈良県橿原市議選が5日、投票日を迎えます。

 日本共産党の竹森まもる(64)、西川まさかつ(59)=いずれも現=、今西たかあき(66)=元=の3氏は現有2議席から3議席へ議席増をめざし奮闘しています。

 3候補は、「大型公共事業などの税金のムダづかいをやめて、市民のくらし守る市政へ」「粗大ゴミ有料化ストップの願いは共産党へ」「なんとしても押し上げて下さい」と気迫を込めて訴えています。

 「頑張ってください!」と選挙カーに近寄ってくる女性や車のクラクションを鳴らして応援する姿も見られました。

 党中南和地区委員会は、3候補とも当落線上で激しくたたかっており、党支部と後援会が総決起し、最後まで対話・支持拡大を広げに広げ、3議席を必ず確保しようとよびかけています。


 

    しんぶん赤旗奈良県ニュース 

 

     市民の力で悪法を廃案へ

 

共謀罪学習会.jpg

 国民救援会奈良県本部は21日、「『共謀罪』国会上程許さん!学習会」を奈良市内で開催、古川雅朗弁護士を講師に「いわゆる『共謀罪』法案の問題点について」と題して講演がおこなわれ約60人が参加しました。

 同県本部の生井和仁副会長が「ふたたび戦前のような状態に戻さないために、この学習会を起点にして市民運動を大きく広げ、この悪法を廃案にしよう」とあいさつしました。

 古川氏は、パワーポイントを使いながら、「共謀罪」とはどんな罪だったのか「テロ等組織犯罪準備罪」とはどんな罪で、どこが問題なのかなどを詳しく説明しました。

 古川氏は、今国会で「改正案」が提出されれば、議論などがあまり行われずに「特定秘密保護法」や「安保法制」、「カジノ法案」などと同じ状況になるかもしれないと懸念を話し、「いま国会上程許さんと言わなければ」と訴えました。

 会場からは「組織的犯罪の具体的な例を教えて欲しい」「『法案の国会提出に反対する要請署名』などを取り組んでいく必要がある」など質問や意見が出されました。



最新記事

記事カテゴリー

過去の記事

さらに古い記事

記事検索

その他

mobile

qrcode