ニュース 青年のページ 政策と主張 議員・候補者 リンク お問合せ プロフィール
ニュース

 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 8月21日付け

 

          激戦

    「水害ゼロ」へ県動かす

 

太田さん2.jpg

 奈良県大和高田市選挙区(定数2)では、日本共産党の太田あつし県議(46)が、3選をめざします。同選挙区は自民党が2議席を独占していました。太田氏は2011年「勇気と希望 変えよう高田」を合言葉に党派を超えた支持を得て議席を獲得しました。

 現在2期目の太田氏は、県民の暮らし守る県政にと水害対策や介護保険の学習会、議会報告会などを開き、そこで出された声を、県政に届ける論戦をしてきました。

 昨年9月の豪雨災害で道路が冠水し車が動けなくなるなど被害が広がるなかで、太田氏はいち早く現場に駆け付けるなど、県民の苦難解決のために奮闘しています。県議初当選から、議会で水害対策を取り上げるなか、県も、「大和川総合治水条例」をつくり、「水害ゼロ」を掲げて動き出しました。改善を求めてきたことで県が本気で取り組むようになったことは大きな成果だと話しました。

 2016年から、子どもの医療費助成制度が中学生まで無料になりました。長年、多くのお母さんたちと一緒に、「子どもの医療費窓口払い無し」と要望していたことが前進。来年8月から、未就学児の現物給付(窓口払いなし)が実現することになりました。

 太田氏は「病院の窓口で働いていた時から、医療費の支払いが大変という声を聞いていたので、前進したことは嬉しい」と話し、次は中学校卒業まで現物給付を実現したいと意気込みます。

 地元町内会元総代の森本啓仁さん(70)は、今までなら、県立高校統廃合問題などの政策が知らないまま成立していたが、それが現在進行形で分かるようになり、県政が身近になったと話します。2011年の紀伊半島大災害の時は、災害現場の吉野郡に向かい、現地の状況や対策などを考える太田氏を見て、「他の県議さんは、そんなことしてくれなかった。一番頼りになる」と話します。

 太田氏は、街頭などで、党の政策や議会報告などのニュースを配り、党を知ってもらうためにも奮闘しています。「今回の選挙をしっかり勝ち抜き、参院選に繋げるためにも、共闘の声を広げ、県民の願い実現のためにがんばりたい」と決意を語りました。


 

    しんぶん赤旗奈良県ニュース

 

 国民の暮らしを犠牲にする安倍政権は早期退陣を

 

19日宣伝.jpg

 憲法9条守れ!奈良県共同センターは19日夕、戦争法が強行可決された日(2015年9月19日)を忘れないようにとJR奈良駅前で宣伝、3000万人署名を呼びかけました。

 佐藤真理代表世話人(弁護士)は「米朝が首脳会談を行うなどアジアで平和の兆しが広がるなか、軍事費を増大させて社会保障、国民の暮らしを犠牲にする安倍政権の早期退陣を求め、平和憲法を守るために3000万人署名に協力をしてください」と訴えました。

 参加者が、横断幕やのぼりを立て、署名を呼びかけるビラを配ると「がんばって下さい」と男性が署名に応じました。


 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 8月19日付け

 

 知事公舎は歴史建物県の調査管理を要望

       奈良の文化遺産を守る会

 

申し入れ8・171.jpg

 古都・奈良の文化遺産を守る会(上野邦一、谷幸三両共同代表)は17日、名勝・奈良公園内の知事公舎(1922年建設)を含む「吉城園地区」に高級ホテルを建設する計画について再度の要望書を荒井知事へ提出しました。

 知事公舎は昭和天皇がサンフランシスコ講和条約・日米安全保障条約の批准書に署名した部屋があるなど歴史的な建物です。要望書は、県の計画では、知事公舎の管理を民間委託することになっているとして、県が責任を持って学術調査した上で管理・活用するよう求めています。

 同会は、6月にも知事公舎の建物内部の見学や専門家による調査などを求める要望書を提出しています。県は「施設を適切に保存、管理するため、一般の見学は受け入れていない」として、専門家の調査については回答しませんでした。

 上野共同代表は「知事公舎は奈良の近代、現代を語る重要な建物だと私たちは考えています」と訴え、重ねて回答を求めました。

 上平盛王県奈良公園室長は「要望書をよく読ませていただきます」と答えました。

 日本共産党の山村さちほ県議が同席しました。


 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 8月17日付け

 

       憲法を守る政治を

 

 「安倍政権の9条改憲ノー、沖縄新基地ストップ」。終戦記念日の15日、日本共産党は議員、候補者を先頭に近畿各地で訴えました。

 

終戦記念日宣伝.jpg

 日本共産党奈良県委員会は、近鉄西大寺駅前で宣伝し、宮本岳志衆院議員、かまの祥二参院奈良選挙区候補、山村さちほ、小林てるよ両県議が訴えました。

 宮本氏は、安倍政権が核兵器禁止条約に背を向け、全国で300を超える地方議会が同条約に加わるように求める声も聞かずに、軍備拡大や改憲をねらっていると批判。「戦争で尊い命を失った内外の人たちの名において憲法9条を必ず守り抜き、安倍首相による極めて危険な改憲を食い止めよう」と訴えました。

 かまの氏は、二度と戦争や空襲、核兵器の被害がないようにすることが政府の責任だとのべ、「核兵器禁止条約に参加し、戦争法を廃止して、憲法を守る当たり前の政治を実現しよう」と訴えました

 同日、大和郡山市、大和高田市、王寺町でも宣伝が行われました。


 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 8月17日(4面)

 

   「赤紙」配り犒法守ろう

      県母親大会連絡会が訴え

 

8・15赤紙配り.jpg

 終戦記念日の15日、奈良県母親大会連絡会は旧日本軍の招集令状(赤紙)のコピーを配りながら、JR奈良駅前で3000万人署名とヒバクシャ署名を呼びかけました。

 9人が参加し、「『赤紙』が再び息を吹き返すことのないように、戦争放棄を高く掲げた日本国憲法を守り、平和な日本をつくるために力を合わせましょう」と訴えました。

 会員が「赤紙です、読んで下さい」と配ると、子ども連れの女性や観光客が次々に受け取りました。

 熱心に「赤紙」を読んでいた女性に、同会の女性が「こんな紙1枚で、私の父は戦争に行かされたんです。戦争は絶対にだめです」と話すと、何度もうなずいていました。

 


 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース

 

    暑い夏でも「再稼働反対!」

 

奈良でも8・10.jpg

 306回目の「脱原発奈良でも行動」がJR奈良駅前で行われました。

 呼びかけ人の白川史恵さんは、東京電力が福島第1原発のクリアファイルを視察者などへの記念品として販売したことについて、「被災者の感情を逆なでする東京電力は許せません」と訴えました。

 参加者は、マラカスやタンバリンのリズムに合わせて、「原発いらない」「再稼働反対」とコールしながら関西電力奈良支店前までデモ行進。駅前では「脱原発の歌」を歌いアピールしました。

 17日の行動は休みます。24日は通常通り行います。

 

 

 


 

  しんぶん赤旗奈良県ニュース 8月10日付け

 

生保世帯の冷房購入費知事に支給周知を要請

       奈良県議団

 

180806生保世帯のエアコン運用に支援を (2).jpg

 日本共産党奈良県議団は8日、「すべての生活保護利用世帯の熱中症に関する」緊急申し入れを荒井正吾知事にしました。

 今年度から新たに生活保護利用を始めた世帯で一定の条件を満たす場合にエアコンの購入費(上限5万円)などの支給を認める厚生労働省の通知が出ました(6月27日)。申し入れは、通知内容の周知徹底や実際に5万円で購入できるエアコンがほとんどなく、設置費用も含めて支援することなどを県に求めるものです。

 県議団は、生活保護利用者がエアコンを使うことができずに熱中症で緊急搬送された事例や電気代の心配から使用を控えることがあるとの声を紹介。「県民の命を守るために緊急の対策を」と要望しました。


 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 8月8日付け

 

     本気の共闘体制ぜひ

 

穀田さん.jpg

 日本共産党奈良県委員会は4日、穀田恵二党衆院議員・国対委員長を迎えて「国会報告・懇談会」を開き、市民連合・奈良や新社会党、つなぎ結ぶママたちの会など、市民団体や政党関係者など約90人が参加しました。

 穀田氏は、改ざん、隠ぺい、ねつ造など民主主義を根底から破壊する安倍政権のもとで、六野党が「憲法改正発議」をくい止め、8回の合同院内集会の開催や予算組み替え共同提案の提出などができたのは「共闘の力で政治を変える」という立場を貫く、共産党がいたからだと強調。安倍政権を打倒するために、各層各分野の国民のたたかいと一体に、市民と野党の共闘を発展させ、「参院選に向け、『本気の共闘』体制をつくり勝利しよう」と訴えました。

 溝川悠介奈良・市民連合共同代表は「上から示される共闘ではなく、私たちが、いろいろな形の野党と市民の共同を作り上げていく必要がある」と訴え、作家の寮美千子さんは「もっと若い人たちが参加できるような共同をつくってほしい」と要望しました。

 元県医師会会長の塩見俊次氏は「安倍政権のもとで今以上、国民にとって危険な状況はない。一番大切なことは国民の命を守ること。野党の政治家はそのことを考えてほしい」とのべるなど活発な意見が交わされました。

 かまの祥二参院奈良選挙区候補があいさつしました。


 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 8月7日付け

 

       平和の鐘響く

 

平和の鐘つき.jpg

 広島の原爆犠牲者追悼や世界の恒久平和を願い「平和の撞鐘(どうしょう)」が6日午前8時15分、奈良市役所屋上の「平和の鐘」や、市内26か所の寺院で行われました。

 「奈良太郎」の愛称で知られる、東大寺の鐘(国宝・重さ26・3邸砲料阿任蓮¬鵤横悪舛僚鼎気ある撞木(しゅもく・鐘を突く木)につながる縄を、市内の小中学生が力いっぱい引きました。

 登美ヶ丘小学校の3年の男子児童は「(綱をひくのは)むっちゃ重かった。音も大きかった」とのべ、平城西小学校6年の女子児童は「世界平和を願って突きました。とても良い音が鳴ってよかったです」と話しました。


 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 8月7日付け

 

    激戦・統一地方選  生駒郡区

   定数1減 宝の議席必ず

      宮本次郎県議

 

激戦.jpg

 奈良県生駒郡区は、斑鳩(いかるが)町、三郷(さんごう)町、平群(へぐり)町、安堵(あんど)町の4町からなる選挙区です。現在、定数の3議席を日本共産党の宮本次郎県議(43)と自民党、社民党の議員が分け合っていますが、今年6月議会で定数が1減らされ2議席となりました。いま立候補を表明しているのは、共産党の宮本次郎氏だけですが、自民党は複数候補の擁立を狙っており大激戦となることが予想されます。

傍聴席から拍手

 宮本氏は、選挙区内にある駅や交差点22カ所で毎朝宣伝しています。宮本氏が高校削減問題や小中学校へのエアコン設置。大阪北部地震や豪雨災害の被災者救援、カジノ法の問題などについて訴えると、「今朝、交差点で見たよ」「がんばっているね」と声をかけられます。

 6月議会で宮本氏は、奈良県教育委員会の県立高校再編計画(33校を30校に再編)について質問。「反対する高校生や県民の声に耳を傾けずに、平城高校を廃校にし、移転する奈良高校がそのまま平城高校の校舎を使用することは前代未聞だ」と計画の見直しを求めると、計画に反対する保護者や卒業生、県民が詰めかけた傍聴席から禁止されている拍手が鳴りやまない異例の事態となりました。

文科省申し入れ

 7月25日には、同問題で平城高校の保護者や卒業生と一緒に、文科省に申し入れしました。

 生駒郡区の若手経営者やPTA役員など子育て世代と交流するなかで新しい結びつきが生まれ、そのなかで聞かれたエアコン設置などの切実な声を議会質問に反映しています。

 毎月欠かさず、日本共産党生駒郡後援会ニュース「それいけ!宮本次郎」を発行。現在は9600部を各町の後援会員が配っています。昨年の台風d号で三郷町の民家の裏側が崩落した問題や県立高校再編問題など、身近な問題を分かりやすく掲載したニュースに「あの記事は本当なのか」「いつも読んでいるよ」と多くの人から反響が寄せられています。

 今後は、得票目標(1万1500票)に近づけるようにニュース会員を増やしたいと決意を新たにしています。

(奈良県・石橋和美)



最新記事

記事カテゴリー

過去の記事

さらに古い記事

記事検索

その他

mobile

qrcode