ニュース 青年のページ 政策と主張 議員・候補者 リンク お問合せ プロフィール
ニュース

 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 4月14日付け

 

       奈良公園ホテル反対

        検討委会場前で住民

 

第13回奈良公園地区整備検討委員会.jpg

 第13回奈良公園地区整備検討委員会が12日、奈良市内で開催され、吉城園周辺地区と高畑裁判所跡地の保存管理・活用事業の事業者選定結果や建築計画の概要などが説明され、委員らが意見を交換しました。

 委員からは「施設ができたときに、県民も楽しめる手法をとってほしい」「2つの計画ともコンセプトが似た施設だと思う」などの意見が出されましたが、地域住民などからの反対意見は、コメントの分析結果が参考資料として添付されるだけでした。

 会場前では、「奈良公園の環境を守る会・高畑町住民有志の会」と「古都・奈良の文化遺産を守る会」のメンバーら約40人がリゾートホテル建設反対の横断幕を掲げ、委員や関係者が通るたびに「ホテル建設反対」「世界遺産を守ろう」とアピールしました。

 住民有志の会の辰野勇代表は「我々は、隈研吾氏(建物のデザイン)やヒューリック(建設業者)、文化庁に質問状をおくるなど、あらゆる手段をもって反対の意志をあげていきたい」と話しました。

 

         住民参加の明記必要

       都市公園法改定案 奈良例に迫る

 

衆院委で清水氏

 日本共産党の清水忠史議員は12日の衆院国土交通委員会で、公園の管理運営に民間事業者の参入を促す都市公園法の会提案について、都市公園内の施設設置が住民の意思を顧みず進められている奈良県の事例を紹介し、公園の利用者や地域住民の声を受け止める仕組みを法案に明記すべきだと訴えました。

 清水氏は、開発制限された奈良公園内の土地を県が都市公園として認定して進める高級ホテルの誘致計画について、公園の利用者や地域住民の反対運動が広がっていると指摘。改定案の法文には「住民の声やニーズを受け止める制度があるか」とただしました。

 国土交通省の栗田卓也都市局長は「直接、住民の声を聞くわけではない」と述べながらも、協議会を立ち上げるなどして「住民の声を反映させる措置を設けた」と弁明しました。

 清水氏は、法案では協議会の設置は任意で強制力がなく、構成員にも「住民」という言葉がないと指摘。「住民のニーズをふまえて」とした石井啓一国交省の答弁とも整合せず、「協議会の設置義務と住民の参加を明記すべきだ」と迫りました。

 清水氏は、荒井正吾奈良県知事が地域住民の申し入れや署名運動などを受けてもなお、公園内の建設制限の規制はないと開き直り計画を進めていると指摘。「住民合意や理解を求める仕組みは法律で担保すべきだ」と強調しました。


 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 4月12日付け

 

       古都奈良の文化遺産守る

        破壊ストップ 会が結成

 

古都・奈良の文化遺産を守る会.jpg

 奈良県と国が進めている名勝・奈良公園内の高級ホテル建設や高速道路建設などの開発から古都の景観や環境を守ろうと「古都・奈良の文化遺産を守る会」が9日、結成されました。奈良市内の結成集会には県内や近府県から113人が参加しました。

 同会の熊田眞幸元和歌山大学教授は「自然や景観が一体化した奈良公園の良さ、魅力、価値というものが壊されようとしている今、奈良を愛するすべてのみなさんの思いを結集して、奈良壊しをストップさせましょう」とあいさつ。

 続いて、小笠原好彦滋賀大学名誉教授、谷幸三元大阪産業大学非常勤講師、浜田博生奈良歴史遺産市民ネット世話人代表、日本共産党の宮本次郎県議の4人がそれぞれの立場から発言しました。

 小笠原氏は、平城宮などに使用された大量の瓦が周囲の景観や環境を壊さないように生産されたと述べ、現在と歴史遺産を調和させながら継承していく方法をみんなで考えていかなければならないと語りました。宮本県議は、高級ホテルが都市公園法の便益施設にあたらないなど、奈良公園に関する県議会での論戦を報告しました。

 同会は、「名勝・奈良公園内の高級ホテル建設中止を求める署名」を集めることを呼びかけています。


 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 4月9日付け

 

    弁護士会が集会観光客らに訴え

 

弁護士会 共謀罪.jpg

 奈良弁護士会は8日、「みんなで行動しよう!『共謀罪』法案の撤回を求める市民集会」を奈良市内で開催、会場いっぱいの350人が参加しました。

 同弁護士会の緒方賢史会長のあいさつのあと、同弁護士会共謀罪対策本部委員の山口宣恭弁護士が「共謀罪」法案の3つの問題を報告しました。「第1にテロ防止が法案の目的ではない。第2にテロ防止の法的対策はすでに整備されている。第3にこの法案は、刑法、刑事訴訟法、日本国憲法の根本原理に反している」と基調報告をおこない「法案の制定に強く反対します」と訴えました。

 各政党もあいさつし、民進党奈良県総支部連合に続いて日本共産党からは党県国政事務所長の井上良子衆議院奈良1区候補が共謀罪の問題点について述べ、連帯のあいさつをしました。そのあと、社民党、新社会党の県代表がそれぞれあいさつをしました。

 市民の立場から、古里祐子さんが「『共謀罪』はわからないだらけの法律で、いくらでも拡大解釈できることが不気味です」と述べ、藤井英伸さんは、沖縄高江の支援に行った経験から共謀罪の危険性を訴えました。

 集会終了後、参加者らは会場で配られた、青いうちわと赤い風船を手に「共謀罪法案反対!」とコールしながらデモ行進をおこない観光客などにアピールしました。

 


 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 4月9日付け

 

   「原発いらない」金曜行動でデモ

 

4・7奈良でも.jpg

 毎週金曜日の「脱原発奈良でも行動」が7日、237回目の行動をJR奈良駅前でおこない雨の中17人が参加しました。

 呼びかけ人の白川史恵さんは、「事故が起きれば人間がコントロールできなくなる危険がある原発は再稼働すべきではありません。原発事故から避難している人に対して『自己責任だ』と発言する復興大臣もいりません」と訴えると、参加者から「そうだ」と声があがりました。

 参加者らはミニプラスターや太鼓などを手に「原発いらない」「再稼働反対」とコールしながら関西電力奈良支店前までデモ行進を行いました。雨宿り中の外国人観光客が「ノ―ニュークス(原発反対)」と書かれたミニプラターを見て、手を振る姿がありました。


 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 4月8日付け

 

      快慶の足跡たどる

     奈良国立博物館で特別展

 

 奈良国立博物館では8日から、特別展「快慶〜日本人を魅了した仏のかたち」を開催します。(6月4日まで)

 今回の展示では、日本を代表する仏師の一人であり、鎌倉彫刻様式の完成に重要な役割を果たした快慶の代表的な作品など88件(うち国宝7件、重要文化財50件)を一堂に集め、快慶が仏教美術史上に残した偉大な足跡をたどる試みが行われています。

 アメリカのボストン、メトロポリタン、キャンベルの3美術館から里帰りした4件の仏像のほか、国宝の僧形八幡神坐像(そうぎょうはちまんしんざぞう・東大寺)や重文の弥勒菩薩坐像(みろくぼさつざぞう・醍醐寺=25日〜最終日まで展示)などの仏像のほか、寺外初公開の仏像も多数展示されます。

 また、快慶の最初期の作といわれる、ボストン美術館の弥勒菩薩立像から、快慶の没年にまつわる新情報をもたらした、京都・極楽寺の阿弥陀如来立像(作者は快慶の筆頭格の弟子、行快)も展示されます。

 同館の松本伸之館長は「今回の展示は、快慶作とされる9割近くの新作が勢ぞろいする前代未聞ともいえる内容となっています。ぜひ、会場でじっくりご覧頂いて、快慶のもつ繊細優美な作風の本質や快慶の人物を堪能していただきたい」と話しました。


 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 4月6日付け

 

      教職員組合が入学式宣伝

 

2奈良学園大学.jpg

 奈良学園大学教職員組合と奈労連、関西私大教連などは、同大学が3月31日に組合員全員を整理解雇したことに対して3日、JR奈良駅前で同大学の入学式会場に向かう新入生たちに「同大学教員の不当な大量整理解雇に対して断固たたかっています」と宣伝を行い、ビラを配りました。

 宣伝後、奈労連の井ノ尾寛利議長は「本当に理不尽な大量解雇事件になっています。裁判などのたたかいを一緒に進めていきたい」と述べ、奈良学園大学教職員組合の川本正知執行委員長は「一歩も引くつもりはありません。ご支援よろしくお願いします」と訴えました。

 

    民青と共産党も新入生に訴え

 

 同日、日本民主青年同盟奈良県委員会と日本共産党北和地区の議員らも、奈良学園大学入学式宣伝をおこない、「大学でやってみたいことや興味のあることを教えて下さい」と新入生アンケートを集め、リーフを配りました。

 新入生の一人は、トランプ氏に興味があると答え、「戦争が起こりそうでこわい、戦争はダメです」と戦争法廃止にもチェックを入れました。


 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 4月5日付け

 

   「共謀罪」法案阻止の意見書

       奈良県・川西町議会

 

 奈良県川西町3月議会は3月28日、国民救援会が議会陳情を出し、日本共産党の芝和也町議が提出した、「テロ等組織犯罪準備罪『共謀罪』法案阻止」の意見書を賛成多数で可決しました。

 意見書は、本法案の立法化により、国民の不断の努力により築かれてきた、言論や集会、結社の自由が保障された民主主義社会のあり方を制約し、憲法が保障する国民の思想信条の自由を侵すことに大きく抵触する恐れが生じるとして、制定に強く反対するとしています。

 その他、「際限のない年金の減額をストップして誰もが安心できる年金制度への改善を求める意見書」と「介護保険制度の見直しを求める意見書」、「介護従事者の勤務環境改善及び処遇改善の実現を求める意見書」も賛成多数で可決されました。


 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 4月4日付け

 

      道徳教科化に問題点

 

教科書ネット21.jpg

 子どもと教科書全国ネット21は1日、近畿ブロック学習交流集会を奈良県の橿原市で開催し、80人が参加しました。同全国ネット21常任運営委員の吉田典裕氏が「小学校道徳教科書の内容、教科化の背景とねらい、採択にどう取り組むか」と題して講演しました。

 吉田氏は、小学校道徳教科書の内容や特徴についてふれ、「道徳」の教科化について、国家イデオロギー普及の場として最も効率的な学校で、国家の決めた「善いこと」を押しつけながらも、主権者・民主主義の担い手を育てることを目的とせず、権利や義務が中身に具体化されていないと問題性を指摘しました。

 吉田氏は、道徳教科書採択について、私たちができることは、教科書の内容を学び、知り、広めることと、各教育委員会に採択決定についての徹底した公開を求めていくことが大切だと話しました。

 また、大阪、奈良、京都、兵庫、滋賀の各府県の参加者が学習会や教科書採択にかかわる取り組みなどについて報告しました。

 参加者からは「小学校からの英語の教科化について」「教科書選定基準はどうなっているのか」などの質問が出されました。


 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 4月5日付け

 

    増税中止訴え奈良県で宣伝

 

共謀罪・消費税反対宣伝.jpg

 奈良県消費税廃止各界連絡会は、消費税が実施されてから28年目になる1日、奈良市、生駒市、桜井市、大和郡山市、橿原市の各駅前で「消費税増税中止!共謀罪許すな!」宣伝・署名行動を行いました。

 奈良市の近鉄奈良駅前では、奈商連と奈良民商が宣伝をおこない、日本共産党の井上良子衆議院奈良1区候補が「消費税増税は中止して、税金の集め方、使い方を切り替えましょう」と訴えました。

 橿原市の近鉄八木駅前では、橿原民商が宣伝をおこない、「消費税増税反対、8%を5%に戻せと運動しています」と呼びかけると、橿原市の年配の男性が「年金が下げられているのに、こんなんでは生活できない」と署名に応じ、買い物帰りの女性が自転車を止めて署名に応じる姿がありました。

 2日には、葛城民商がチラシの配布を行いました。


 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 4月4日付け

 

     100年超える歴史に幕

       奈良少年刑務所閉庁

奈良少年刑務所最終日.jpg

 100年以上の歴史をもつ「奈良少年刑務所」が3月31日、閉庁しました。奈良市の刑務所前では、地域住民らでつくる「奈良少年刑務所を宝に思う会」のメンバーが「奈良少年刑務所さようなら ありがとう」と書かれた横断幕を掲げ閉庁を惜しみました。

 門から出てくる職員らに作家の寮美千子氏が「おつかれさまです。ありがとうございました」と花束をさしだし、地域住民らも「ありがとう」と次々に声をかけ拍手で見送りました。

 刑務官の男性は「4月から別の場所に行くことになったが、まだ実感がわきません、家に帰ってからじわじわくるんでしょうね」と話しました。

 大阪からバイクで駆けつけた男性は「最後まで見送ってあげたいと思って」と話し、名残惜しそうに正門を見上げていました。

 今後、少年刑務所の建物は国の重要文化財として保存されます。

 



最新記事

記事カテゴリー

過去の記事

さらに古い記事

記事検索

その他

mobile

qrcode