ニュース 青年のページ 政策と主張 議員・候補者 リンク お問合せ プロフィール
ニュース

働きやすい社会めざし労働者の権利守って活動

信頼される奈労連

 中小零細企業が多く、労働組合に入っていない未組織労働者や非正規労働者が多い奈良県で、奈良県労働組合連合会(奈労連、井ノ尾寛利委員長)は労働者の権利を守って活動しており、まさに労働者のよりどころとなっています。また、労働者の賃金をあげ、働きやすい職場にしてこそ企業の業績もあがり地域経済も活性化すると、今年の最低賃金審議会に向けて最賃を時間額1000円にとの取り組みを始めました。一方、経営者団体などと懇談を重ね、奈良労働局に労働基準法の順守などを申し入れる活動を展開しています。


真の国民春闘にしようと取り組まれた春闘共闘会議、奈労連の自動車パレード(2月23日)

 奈労連にはひっきりなしに電話相談がかかります。賃金引き下げや不払い、解雇、有給休暇の取得、パワハラなど内容はさまざまです。
「最近は福祉関係者からの相談やパワハラの相談もありますね」と話すのは、奈労連の竹末和美事務局長です。

 組合加盟で申し入れると逆に賃上げ実現

 大手ショッピングで働く30代半ばの女性派遣労働者は、業績悪化を理由に月額2万円以上の賃下げを言われました。ある役所で奈労連を紹介され相談に来ました。さっそく1人でも入れる奈労連一般労組に加入し、派遣会社に申し入れると、会社側から逆に賃上げが提案され、女性は「1人では聞いてくれないのに組合が言うと何でこんなにすんなり実現できるのですか」と驚きました。その女性は労働組合や労働法基準法などを学び、他の人にも知らせようと活動を始めています。

 奈労連があるからたたかえる!

 竹末さんは、このようにすんなりいくことは少なく多くが争議になると言います。
 大和郡山市にある自動車整備協同組合を解雇された湯気谷圭司さんは、2年に及ぶ不当解雇撤回闘争を最高裁までたたかって、ついに解雇撤回を勝ち取り、この2月に職場復帰しました。
 奈労連一般労組マロン支部は、賃金未払いなど違反を繰り返す会社側に地労委や裁判でたたかっています。2月20日には地労委が組合の申し立てを認め、未払い賃金の支払いや組合員の職場復帰などの救済命令を出しました。これらの組合員が共通して話すのは「奈労連があるからたたかえる」ということです。

 働きやすい社会へ経営者団体と懇談

 竹末事務局長は「生活がかかる労働者は、非正規ではなく長く安心して働けることが大事です。働く人が生活して地域経済を支えるのですから、企業は賃金や雇用に社会的責任を果たし、国は最低賃金の引き上げや中小企業支援を強化すべきです」と話します。
 それだけに、企業が一番活動しやすい日本をめざすという安倍内閣の労働法制の改悪は阻止しなければと強調します。
 奈労連は、バス協会やトラック協会など経営側とも懇談しています。
 「規制緩和で労働者にしわ寄せされ、運転手に若い人のなり手がないと悩みが出されています。業界のあり方を真剣に考えているようすがうかがわれました。中小業者には優れた製品を作っているところも多く、労働者を守ろうと取り組んでいる企業もあります。そういう企業がけん引してほしいと要望しました」と話します。

 最低賃金引き上げを大阪と209円開き

 奈労連は、最賃が奈良の710円と大阪の819円に200円以上差があることを重視。今年は春闘の時期から署名に取り組んでいます。
 奈良県春闘共闘会議、奈労連、働くもののいのちと健康を守る奈良県センターは共同で20日、奈良労働局(荒川あや子局長)あて「安全・
安心、人間らしく生き、働くことができるように労働基準法の遵守、ディーセントワーク(働きがいのある人間らしい仕事)実現のために」と
題した申し入れを行いました。
 



 しんぶん赤旗奈良県記者ニュース 3月23日付け

 原発いらない沿道から声援

 毎週金曜日の「脱原発奈良でも行動」が21日行われ、参加者25人がJR奈良駅前から関西電力奈良支店前まで「再稼働反対」「原発いらない」とコールしながらデモ行進をしました。

DSC_3534.JPG
JR奈良駅前の4車線道路を走ってわたってきた男性が「頑張ってや!!」と言ったのにはビックリでも嬉しかったし力がわいてきました。

 太鼓やタンバリンの音を響かせながら行進するデモ隊の声に、大きく何度もうなずく女性や道の反対側からデモ隊を見つけて急いで横断し「頑張ってや」と声をかける男性などに、デモ隊からも「頑張るで」と元気に応じました。

DSC_3543.JPG
今回も寒かったです(´д`)はるよ〜早くと叫びたい!! 

 交流会では、奈良市の女性が「テレビの女優さんのせりふのように『言わなければいけないときは、言わないといけない』。今は、本当にその時だと思う、意思は表示しないといけない」と話しました。

 
 しんぶん赤旗奈良県記者ニュース 3月21日付け

 奈良三郷町  治安維持法国家賠償法

     制定求め意見書

 奈良県三郷町議会は14日の本会で、「治安維持法国家賠償法の制定を求める意見書」を全会一致で可決し、総理をはじめ関係大臣に提出しました。
 意見書は、治安維持法は、国民主権を唱え、戦争に反対し、平和を求めてたたかった政党、団体や個人を根絶することをねらった希代の悪法であったと指摘。日本の歴代政府は戦後、治安維持法が人道に反する悪法だったことをいまだに認めようとしていないとして、政府に再び戦争を許さぬあかしとしての「国家賠償法」の制定を求めています。
 意見書は、治安維持法犠牲者国家賠償要求同盟(治維法国賠同盟)奈良県本部の陳情にもとづいて、日本共産党の神崎静代町議が提案者となり、政友会の下村修、日本共産党の久保安正、佐々木勝各町議の賛成を得て提案されました。
 県本部によると、奈良県で意見書を採択した議会は、大和郡山市、平群町、旧榛原町、上牧町各議会についで5番目です。

  
 しんぶん赤旗奈良県記者ニュース 3月21日付け

文化財保存に尽くした
       甘粕健先生追悼講演会開く

DSC_3266.JPG
甘粕先生の奥様(真ん中)を囲んで、そうそうたる先生方や文全協の人たちがたくさん集まりました。先生方に慕われた、甘粕先生のお人柄が偲ばれます。

 戦後日本の古墳時代研究をリードし、日本考古学協会会長や文化財保存全国協議会(文全協)の初代事務局長、代表委員として活躍、文化財保存運動のレーダーだった故・甘粕健・新潟大学名誉教授(1930〜2012)の追悼講演会が先頃、奈良市内で文全協の主催で開かれました。
 会場いっぱいの110人が参加し、甘粕さんの業績を顕彰するとともに、3人が研究成果を報告しました。

DSC_3242.JPG
新納先生、いかに美しい角度で強度のあるお墓を造るのかを考えた、大昔の人の知恵はすごいです。でもたくさん数字が出てきたので、難しかったです(T_T)

 新納(にいろ)泉・岡山大学教授が「甘粕先生の古墳時代研究ー前方後円墳の形態と尺度を中心に」をテーマに講演。「前方後円墳の設計原理の研究は、甘粕先生をはじめとする先駆的な研究者が築いてきた成果の上にある。設計の基本に歩(中国の単位、1歩=6尺=約108センチ)という単位があることは、甘粕先生の主張そのものだ」とのべ、レーダー計測などの新しい技術に50年前の研究が生かされていると話しました。

DSC_3256.JPG
古市先生、古代の王族の名前から、当時の豪族の勢力図が見えてくると聴いて、文献から読み解く歴史のおもしろさを知りました、日本書紀や古事記は4〜5世紀の事を知る資料としては使えないのが研究者の通説ですが、注意しながらなら使えると聴いてすごい(≧∀≦)とおもいました。

 古市晃・神戸大学准教授は「王宮から見た倭王権の成立過程」を講演。文献史学による古代国家成立過程の研究から読み取れる当時の統治形態について話しました。

 DSC_3258.JPG
宮川先生、「共産党の市議さんに遺跡の保存運動でお世話になった」と気さくにお話して下さいました。

 宮川徏(すすむ)・橿原考古学研究所共同研究委員は「甘粕さんが携わったイタスケ古墳保存運動が、戦後の文化財保存運動の理念を明確に位置づけ、文全協の活動につなげる契機となった」とのべ、文化財保存運動に果たした甘粕さんの役割を、甘粕さんとの思い出と共に語りました。

 
 しんぶん赤旗奈良県記者ニュース 3月20日付け

 復興願い奈良で写真展

DSC_3492.JPG
病院の廊下向かって左には、中庭があって開放的な雰囲気が素敵でした(・∀・)取材中も足を止めて見ている人がいましたよ。

 東日本大震災から3年、奈良県大和高田市の健生会土庫(どんご)病院の一角で、「遠い日にしないあの時〜震災復興を願う写真パネル展〜」がおこなわれています。
 パネルは、森靖雄・東邦大学地域創造研究所顧問が2011年4月21日に宮城県気仙沼市内各所で撮影したものなど11枚です。

DSC_3494.JPG
地震が起こって1カ月ぐらいの気仙沼市の写真、平和な日常が一瞬にして壊された現実と、被災地支援のあり方を、私たちに問いかけています。

 病院を訪れた人たちが足を止め一枚一枚、じっくりと眺める姿や、2階建ての建物の上に乗るバスの写真の前で「すごいな」と津波の恐ろしさに思いをはせる姿も見られました。

 
 しんぶん赤旗奈良県記者ニュース 3月18日付け

   奈良若草山景観を守ろう

             県のモノレール建設問題でシンポ

DSC_3401.JPG
小笠原好彦代表委員、若草山の山頂にある鴬塚古墳は4〜5世紀の古墳であり、「無から有は生まれない何らかの意味があってつくられた」とはなしました。山城方面との連絡手段の狼煙台があったとか・・・。そのまま講義を聴きたかったです(´д`)

 奈良県が若草山にモノレールを設置しようとしている問題で、「若草山へのモノレール建設に反対する会」は15日、奈良市内でシンポジウム「大切にしたい 奈良の宝 若草山」を開きました。137人が参加、建設反対の署名も続々と寄せられました。

DSC_3408.JPG
上野邦一奈良女子大学名誉教授のイコモスの役割の話しは専門的すぎて難しかったです(T_T)ただ、「奈良ドキュメント」なるものがあることをはじめて知ることができました。世界の木の文化財保護に奈良が役に立っているのは嬉しいですね(・∀・)

 会の小笠原好彦代表委員が「若草山の景観を損なうことは、あってはならない。学びながら考えていきたい」とあいさつしました。

 上野邦一奈良女子大学名誉教授は「日本イコモス国内委員会・奈良ドキュメント・文化的景観」をテーマに、そもそもイコモス(国際記念物遺跡会議)とはどういう団体か、その役割はなど詳しく紹介しました。

DSC_3413.JPG
園部勝章元奈良県県民教育研究所所長、宇宙(マクロ)な話しから、原子(ミクロ)な話しまで、命がつながっていることを教えて頂きました。

 園部勝章元奈良県県民教育研究所所長は「大切にしたい 奈良の宝 若草山」をテーマに、奈良公園のシカとシバの関係、地形、地質などさまざまな自然環境から知恵を読み取る楽しさを語りました。
 浜田博生会事務局長は「私たちの若草山の歴史」をテーマに、古代から現代までの歴史をひも解き、「江戸時代ぐらいから若草山とよばれるようになった」と説明しました。

DSC_3415.JPG
浜田博生会事務局長。マイクがいらないんじゃないだろうかと思うほどのお元気な声(>_<)若草山の名前は、黒葛中尾山→葛尾山→三笠山→若草山と変わっていったそうだけど、葛尾山なんかはイメージが違うな〜(=_=)

 熊田眞幸元和歌山大学教授は「いろいろな形で運動を続けていくことが必要。自然の問題など多面的な角度から深く掘り下げ、若草山の価値をわれわれ自身が知って広く広げていくことが重要だと感じました」と閉会のあいさつをしました。

 
 しんぶん赤旗奈良県記者ニュース 3月14日付け

    人権を無視する徴税やめなさい

DSC_3358.JPG
青い法被を着ているのが、中浜達也実行委員長です。だんだん、雨も酷くなっていきます。私たちの怒りの気持ちのようですm(_ _)m

 奈良県では13日、奈良集会葛城集会桜井集会吉野集会の4カ所で開かれました。

DSC_3361.JPG
日本共産党の宮本次郎県議も参加「みなさんと一緒にたたかう決意を胸に連帯のあいさつをします」と話しました。

 朝から降っていた雨がだんだん激しくなるなか、奈良集会は、JR奈良駅前広場でおこなわれました。

DSC_3362.JPG
奈労連の井ノ尾寛利議長もあいさつしました。

 浜中達也実行委員長は「消費税増税で私たちには負担を押しつけながら、大企業には減税や公共事業の大盤振る舞い。間違っていることはハッキリと反対し、団結していきましょう」とあいさつしました。

DSC_3370.JPG
これから、デモに出発です。県庁までデモをして、そのまま税務署に集団で書類を提出しました。足下はグズグズ、傘を持っているので写真は取りづらい、カメラに水滴がつく・・・雨なんか嫌いだ(T_T)

 奈労連の井ノ尾寛利議長は「命、生活、平和を守る新しい流れをつくっていきましょう」と連帯のあいさつをしました。

DSC_3379.JPG
猿沢池のすぐそばの坂道を登るデモ隊。税務署に一行が着いてしばらくしても、提出の列はなくならないので戻ってみると、県立美術館の前から県庁の議会の横を通り入り口まで続いていました。約1000人が参加していたそうです。


 参加者たちは、「消費税増税を中止せよ!」「人権無視の徴収をやめよ!」とシュプレヒコールをあげデモ行進しました。

 
 しんぶん赤旗奈良県記者ニュース 3月13日付け

     女性の貧困をなくせ


 国際女性デー奈良県集会が8日、奈良市内でおこなわれ、県下各地から57人が参加しました。


国際女性デー奈良県集会 (1).JPG
近鉄奈良駅前です、集会前に街頭演説をおこないました

 集会に先立つ近鉄奈良駅前での街頭宣伝では、正規雇用の破壊をすすめる労働法制の改悪で女性の貧困をいっそう広げ、秘密保護法強行可決や靖国神社公式参拝など、「戦争する国」づくりへ急ぐ安倍自公政権を批判。「子どもたちが健やかに成長できる安心の日本へ、女性たちがつながりましょう」と呼びかけました。

国際女性デー奈良県集会 (2).JPG
集会会場です

 集会では、ドイツの小さな都市で再生可能エネルギーによる発電所をつくったドキュメンタリー映画『シェーナウの想い』を上演。福島原発事故や自然エネルギーの活用促進などについて意見交換しました。
 集会は「子どもや女性、高齢者、働く人が安心して暮らせる日本と奈良県へ女性たちがつながり、憲法を守り、戦争する国づくりを許さない」とのアピールを採択しました。

 
 しんぶん赤旗奈良県記者ニュース 3月16日付け

   「再稼働反対」太鼓の音も

 毎週金曜日の「脱原発奈良でも行動」が14日、JR奈良駅前でおこなわれました。

DSC_3388.JPG
本日は、記者兼後方の警備を任されました。なので、珍しい写真です。高校生のSちゃんも一緒に歩きました。まだまだ、声を出すのをためらっている様子、初々しいですね(*^-^*)

 手足が凍えるような寒さの中、「早く春が来て欲しい」と話す参加者たちに交じって、春休みの大学生や高校生がデモに参加。関西電力奈良支店前まで、「原発いらない」「再稼働反対」とタンバリンや太鼓の音もにぎやかにデモ行進しました。

DSC_3391.JPG
関西電力奈良支店前です。関電は、切実な思いを受け取ってほしい(´д`)

 感想交流会では、女子高校生が「春休みなので来ました。私の好きなキャラクターが団扇を持っているので、それを新しい風にしてほしいと思って描いてきました」と手作りのプラスターを紹介。「かわいい」と参加者から歓声があがりました。

DSC_3394.JPG
自分で考えて作ってくるなんて、すごいとおもいませんか?感想交流会も頑張って発言していましたよ!!

 男子学生は「原発は人体にどのような影響を及ぼすかわかりません。再稼働を考えているのは許せません。デモに参加できて幸せでした」と話し、拍手につつまれました。

 
 しんぶん赤旗奈良県記者ニュース 3月12日付け

 連帯の輪を拡大しよう

DSC_3283.JPG
入り口のバルーンです、ちょっとくたびれた印象ですが、頑張ってくれました。暖かい日で助かりました(*^-^*)


 奈良県では、「原発ゼロ、震災復興をめざす奈良のつどい」がJR奈良駅前広場でおこなわれました。 

DSC_3268.JPG
我らが物産展、おすすめは、ちょっぴりピリ辛のたこせん、おつけものも美味しかったですよ!!

 井ノ尾寛利実行委員長は「連帯の輪をさらに大きくしていきましょう」と呼びかけました。
 「脱原発をめざす奈良県議会議員連盟」の山本進章県議が「原発はいらないんだということを奈良から訴える意義がある」と連帯あいさつ。

DSC_3281.JPG
うたごえの人たちや、親子バンドなど多彩な集まりで面白かったです(・∀・)もちろん講義も聴きましたが、難しかったです(T_T)ただ、大変なことが原子炉のなかで起こっていることはわかりました。

 大阪府立大学の溝川悠介名誉教授が「福島のいま」と題して講演しました。

DSC_3300.JPG
いきなりの大集団に、ビックリの町の人たち、外国からの観光客はカメラをデモ隊にむけていました。Facebookなどにアップする時には、どんな文句がつくのだろう(´д`)

 集会後、横断幕を先頭に500人の参加者が「原発いらない」『再稼働反対」「原発ゼロの日本を造ろうと」とパレードをおこないました。

 


最新記事

記事カテゴリー

過去の記事

さらに古い記事

記事検索

その他

mobile

qrcode