ニュース 青年のページ 政策と主張 議員・候補者 リンク お問合せ プロフィール
ニュース

 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 日曜版「少年少女」9月10日付け

 

    奈良公園でビックリいっぱい

 

少年少女「奈良公園」?.jpg

谷先生にセミのぬけがらがオスかメスか正解を聞く子どもたち

 奈良県で一番大きい公園「奈良公園」にはシカだけでなく、植物や昆虫などたくさんの生き物がいます。発見がいっぱいの夏の「奈良公園自然観察会」―案内してくれたのは奈良公園の生き物の専門家、谷幸三先生(環境科学博士)。企画したのは新日本婦人の会奈良県本部 子どもと教育部です。

 始めに子どもたちは県庁の屋上広場から奈良公園を見渡しました。東大寺の大仏殿や興福寺の五重塔が公園の中にあると知り、その広さにビックリ。

 公園に入ると谷先生が「奈良公園にシカは何頭(とう)いるでしょう? 。隠娃案■毅娃案1500頭。どれでしょう」とシカクイズ。子どもたちはH屬飽貳崑燭手をあげました。「答えはH屬裡隠毅娃案」と谷先生がいうと、ワ―ッと歓声があがりました。

 

少年少女「奈良公園」?.jpg

泥田場で涼むシカたち

  先生は他にもシカについて、いろいろと話してくれました。

シカが泥田場(ぬたば)という泥んこに寝転んでダニや寄生虫を取ること。ナンキンハゼやカタバミ、チドメグサなど、シカが食べられる所に生えているのに、食べない草は毒を持っていることなどです。

 森の中では、シカのウンチを食べる糞虫のルリセンチコガネの「キチキチキチ」という鳴き声も聞きました。セミのぬけがらを観察してオスかメスかをあてるクイズも。ぬけがらを先生が描いたスケッチと真剣に見くらべ、ドキドキした様子で答え合わせ。先生が「正解!」というと、横山勇君(小学5年)は「ぬけがらのオスとメスがわかって良かった」とほっと笑顔に。

 谷先生は「奈良公園は、同じ場所でも、春夏秋冬でちがう姿を見せます。そういう自然を壊すことはゆるされません」と話しました。

 

 


 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 9月7日付け

 

       原発ノ‐観光客も

 

9・1奈良でも.jpg

 毎週金曜日の「脱原発奈良でも行動」が1日、257回目の行動をJR奈良駅まで行い22人が参加しました。

 参加者らはミニプラスターや旗などを手にデモ行進。太鼓やタンバリンに合わせて「原発いらない!」「再稼働反対!」「原発とめろ!」とコールし、最終地点の関西電力奈良支店前でさらに声をあげました。

 コールが聞こえたから、東京からの観光客の女性が飛び入り参加。「参加できてよかったです」と話すと、他の参加者から歓迎の拍手がおこりました。

 


 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 9月7日付け

 

    離宮・ゴルフ場構想

    奈良公園過去の教訓に学ぶ

9・2奈良公園問題.jpg

 古都奈良の文化遺産を守る会」は2日、竹末勤奈良近代史研究会事務局長を講師に、奈良市内で講演会を開きました。奈良の自然・文化遺産連続学習会の第4回で、テーマは「奈良公園・まぼろしの離宮とゴルフ場‐帝国憲法体制の成立と奈良県‐」です。

 竹末氏は、6月の定例記者会見で荒井知事が「奈良離宮」の建設を示唆したことについて、1888年にも「奈良離宮」の構想があり、その建設予定地が奈良公園のなかにあったことを年表や資料を使って説明しました。

 また、1910年には、イギリス人建築家W・ウェルトンの「奈良公園ニ『ゴルフ』運動場設置方ニ関スル件」という提言を受け、神戸ゴルフ倶楽部などを調査したが、構想まもなく消滅したことも紹介しました。

 竹末氏は、荒井知事の狙いが離宮を作りたいということだけではなく、今までの文化財保存運動の状況が一変するような事態が進んでいると懸念を表明。従来型の運動だけでなく、大きく・ながく・世界のなかで一緒に考えていく必要があると話しました。

 

 


 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 9月6日付け

 

      田原本町議選が告示

      現有2議席確保へ奮闘

 

吉田候補告示.jpg

吉田かつのり候補

岡本候補告示.jpg

岡本みつひろ候補

 奈良県田原本町議選が5日告示(10日投票)されました。

 日本共産党の、吉田かつのり候補(60)=現=岡本みつひろ候補(34)=新=が第一声をあげ、議案提案権のある現有2議席絶対確保と奮闘しています

 選挙戦は、定数14に現職11人、新人6人が立候補し、有力候補が一票を争う激しい選挙戦になっています。

 吉田、岡本両候補は、「不公正をただし、暮らし応援の町政に」と訴え”垳正やムダ使いをきびしくチェックします国保税の引き下げなどの暮らし応援子どもの医療費助成制度の窓口負担をなくすなど3つの公約を掲げて、町民の願い実現へ全力をあげています。

 吉田候補は「みなさんの暮らしを守る議会にするために全力でがんばります」と訴え、岡本候補は「先輩方の大きな役割を引き継いで、住んで良かったと思える田原本町にするためにがんばります」と訴えました。

 告示前の3日には、清水ただし衆院議員が田原本町で両候補と共に街頭演説を行い、愛和会事件で、この問題を徹底的に追求し、町長に対して辞職勧告決議を提案できたのは、日本共産党の複数の議席があったからだと述べ、「吉田、岡本候補を必ず勝ち抜かせてください」と訴えました。

 

 


 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 9月5日付け

 

     奥谷村議が7期目当選

      福祉・暮らし守る決意

 

奥谷さんバンザイ写真.jpg

 奈良県山添村議選(定数10)が3日投開票され、日本共産党の奥谷和夫(62)=現=が7期目の当選をはたし現有議席を確保しました。

 選挙戦は、定数Yに現職7人、新人3人、元職1人のZ人が立候補する、少数激戦の選挙戦でした。

 奥谷氏は、6期24年の実績をもとに、「小さくても輝く自立のむらづくりを」と力いっぱい訴えてきました。

 当選の報に奥谷氏は、「みなさんの力で村議会に押し上げていただきました。村民の願いをまっすぐ議会へ届け、福祉と暮らしを守り、掲げた公約実現にがんばります」と、決意を語りました。

 ◆奈良県山添村10‐11

当奥谷和夫(62)現

      215

  議会新分野は次の通りです。(カッコないは前回当選者数)

 ▽共1(1)自民1(0)無8(9) 議席占有率10・00%(10・00%)

  (投票率82・6%)


 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 9月2日付け

 

      奥谷さんの議席必ず

 

DSC_6683.jpg

 奈良県山添村議選があす3日、投票日を迎えます。定数10を現職7人、新人3人、元職1人の11人が争う少数激戦になっています。

 日本共産党の奥谷和夫候補(62)=現=は、「小さくても輝く自立の村づくり」をめざして、|楼荵餮擦魍茲した観光と農業で村づくり∈得献┘優襯ー活用で村に雇用を若者定住の独自政策実施の3つのプランを提案しています。

 奥谷候補は、山添村のすぐれた福祉制度を守るために、国保税の引き上げをやめ、村独自でc歳まで拡充した子どもの医療費助成を今度は、窓口払いゼロに、コミ二ティバスの運行地域の拡大などを訴え奮闘しています。

 党支部や後援会員らは「大丈夫だといって共産党の議席を失ったら村にとって大きな損失になる。奥谷さんの宝の議席はどうしても必要」と最後の最後まで、対話、支持拡大を広げきろうと奮闘しています。


 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 8月30日付け

 

       自立の村づくりを

     山添村議選 奥谷候補が訴え

 

山添村告示 奥谷さん.jpg

 奈良県山添村議選(定数10)が29日告示(9月3日投票)されました。日本共産党の奥谷和夫候補(62)=現=が立候補し、7期目をめざし現有議席確保に奮闘しています。

 選挙戦は、定数10に、現職7人、新人3人、元職1人の11人、(共産1、自民1、無所属9)が立候補する少数激戦となっています。

 奥谷候補は、「小さくても輝く自立の村づくり」を目指して、|楼荵餮擦魍茲した観光と農業で村づくり∈得顕椎愁┘優襯ー活用で村に雇用を若者定住の独自政策の3つのプランで「自立の村づくり」をめざします。

 奥谷候補は、国保税の値上げ反対や子どもの医療費窓口払いゼロ、などの公約を掲げ、「村民が主人公の村政、村民の声が生きる村議会をめざして、全力をあげて頑張ります」と訴えました

 党支部や後援会員らは「奥谷さんを、なんとしても村議会に押し上げるために、対話、支持拡大を全力でがんばろう」と奮闘しています。


 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 8月29日付け

 

     吉田・岡本両候補押し上げて

 

田原本町演説会.jpg

 奈良県の日本共産党の田原本支部は26日、宮本岳志衆院議員を迎えて、田原本町で「演説会」を開催、9月5日告示、10日投開票される同町議選に立候補する現職の吉田かつのり候補(60)と新人の岡本みつひろ候補(34)が決意を表明しました。

 宮本氏は、北朝鮮の核・ミサイル問題など、アメリカと一緒に海外で戦争することを狙う安倍政権には日本のかじ取りは任せられないと話し、「野党と市民の共闘で政治を前へ進める日本共産党へのご支持を広げていただき、この田原本町では、2人の候補者を皆さんのお力で押し上げていただきたい」と訴えました。

 岡本候補は、介護職場で働いた経験から「一人暮らしの高齢者や老老世帯を応援する町にするためにがんばります」と決意を語り、吉田氏は「みなさんの願いを受け止め、実現する議会にするために支援をお願いします」と訴えました。

 衆院2区候補のしもとり純一候補も駆けつけ、「憲法を守る新しい政治をつくる確かな流れを一緒に作りましょう」とあいさつしました。


 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 8月27日付け

 

       村民の声届け

  奈良・山添村議選 奥谷候補訴え

山添村村議選29日告示.jpg

 奈良県山添村議選(定数10)が29日告示(9月3日投票)されます。日本共産党の奥谷和夫候補(62)=現=が7期目をめざして奮闘しています。

 奥谷候補は、「若者が希望を持て、お年寄りが安心して暮らせる村づくり」をめざして、子どもの医療費を県下では唯一c歳まで拡充、コミュニティバスの運行、地域医療を充実し、検診の実施や早期発見、早期治療によって国保税や介護保険料を低く抑える事など実績を積んできました。

 奥谷候補は、子どもの医療費の窓口払い無料化や、若者の移住を促進させる村づくり。観光と農業による村政の発展を訴えています。

 選挙戦は、定数10を11人が争う少数激戦、大字(だいじ)推薦の候補者も多く一票を争う激しい選挙戦となっています。予断を許さない選挙戦で一票一票支持を広げています。

 


 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 8月24日付け

 

    戦中戦後の実像若い世代に継ぐ

 

平群平和のための戦争展.jpg

 今年で12回目を迎える「2017年 平群(へぐり)平和のための戦争展」(同実行委員会主催)が19、20日の両日、奈良県平群町で開催されました。

 開会式では、岡伸子実行委員長は「この戦争展が、二度と戦争を起こさないために、次の世代に語り継ぐ一助になれば幸いです」とあいさつ、中島伊三郎副町長、山田仁樹町議会議長もあいさつしました。

 19日には、戦跡カメラマンの安島太佳由氏を迎えて「若い世代に語り継ぐ戦争遺産」と題して講演が行われました。安島氏の写真集(演題と同じ)に掲載されている広島の原爆ドームや硫黄島などの日本の戦跡。インドネシアの遺骨収容作業で収容した日本兵の白骨化した遺体など太平洋の島々の戦跡遺産約30点の写真をスライドで紹介しながら説明しました。

 安島氏は、疎開船「対馬丸」の事を知り、日本の戦争を知りたいと調べ始めたのが、戦跡を撮り始めるきっかけになったと話し、写真を見た人に、戦中戦後の実像を知ってもらい、「兵隊さんたちの命をかけた声なき声を伝えていきたい」と話しました。

 会場では、同実行委員会が4年前から調べている、町内の戦没者や戦没地、年齢などをまとめた地図や町内の戦死者の墓石の拓本、町民の戦争体験記などが展示されました。



最新記事

記事カテゴリー

過去の記事

さらに古い記事

記事検索

その他

mobile

qrcode