ニュース 青年のページ 政策と主張 議員・候補者 リンク お問合せ プロフィール
ニュース

 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 8月6日付け

 

  「むごさ忘れられぬ」

    香芝 平和のための戦争展

 

香芝戦争展.jpg

 「第18回平和のための香芝戦争展」(NPO法人平和のための香芝戦争展主催)が3、4日の両日、香芝市内で開かれ、のべ400人が参加しました。

 会場には、市戦争遺跡のパネルや県満蒙開拓義勇軍の資料などが展示され、お手玉などの昔の遊びを体験するコーナーもありました。

 3日には、香芝市民が語る戦争体験として、爆発し、子ども3人が死亡した「関屋穴虫(せきやあなむし)不発弾事故」について、巽勝さんと上村善一さんが証言しました。

 両氏によると、事故があった、1947年(昭和22年)4月23日は、市の年中行事「岳(だけ)のぼり」で、小学校が昼から休校となり、自分たちの同級生とそのきょうだいが、家の前庭でどこからか拾ってきた不発弾で遊んでいるうちに爆発して亡くなったといいます。

 巽さんは「小さな棺桶が3つ並んで運ばれるのを道に並んで見送ったことは忘れられません」とのべ、上村さんも「戦争というのは本当にむごいものです」と話しました。

 話を聞いていた同市の女性から「1947年頃に、北今市町でも、私の同級生(当時小学6年生の男子)2人が拾って遊んでいた不発弾が爆発し重傷を負うケガをしている」という新証言が飛び出し、同NPOが調査したいと話す場面もありました。


 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 8月4日付け

 

      ゴミを拾いながら

 

奈良でも8・2.jpg

 355回目の「脱原発奈良でも行動」が、奈良市のJR奈良駅前で行われました。

 参加者は、タンバリンのリズムに合わせて「原発いらない」「再稼働反対」「原発とめろ」とコールしながら関西電力奈良支店前までデモ行進しました。

 デモ中には、「デモで街をきれいにしよう」の呼びかけに賛同した、参加者の女性が、紙くずなどのゴミを道々で拾いながら行進する姿もありました。


 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 8月3日付け

 

 世論の力で増税ストップ

    奈良県委が署名行動

 

増税反対宣伝.jpg

 日本共産党奈良県委員会は1日、消費税10%増税中止を求める宣伝、署名行動を奈良市のJR奈良駅前で行い、北村拓哉、井上昌弘両奈良市議も参加しました。

 細野歩党県委員長は「参院選挙の出口調査でも、6割の人が増税中止と言っているのに民意を無視して増税するのはおかしい」と訴えました。

 井上市議は「消費税に頼らなくてもしっかりと財源は確保できます。経済も暮らしも壊す、消費税の増税を世論の力でストップさせよう」とのべ、北村市議は「消費税は、所得の低い人ほど負担が重くなる最悪の弱い者いじめの税金です。税金のムダ遣いを正し、使い方の見直しをはかれば、暮らしを支える仕事に踏み出すことができる」と訴えました。

 細野委員長は、対話になった駅利用者の男女に、「消費税に頼らない別の道」があると共産党の財源プランを紹介、2人は「そうなんですね」とびっくりし、署名しました。別の女性は「(共産党を)応援しているので」と話し、署名しました。

 長崎県から奈良を旅行中の女性が、「長崎から来て、手伝っています。ぜひ読んで下さい」と訴え、ビラ配りを手伝いました。


 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 8月2日付け

 

   核兵器廃絶改めて決意

      被爆者の飛び入り参加も

 

hannkaku.jpg

 今年で24回目となる「全日本建設交運一般労働組合(建交労)全国青年部反核トラックキャラバン」が1日、奈良県入りし、建交労県本部や参加者とJR奈良駅前でミニ集会を行いました。

 日本共産党の山口裕司奈良市議、河戸憲次郎県平和委員会理事長、井上巖県革新懇事務局次長が、それぞれ核兵器廃絶への思いなどを語り、連帯のあいさつをしました。

 長崎県から奈良に観光に訪れていた、被爆者の高比良万亀子さんと被爆2世の水本恵里子さん親子が宣伝を聞いて集会に飛び入り参加しました。

 水本さんは、母親の高比良さんの93歳の誕生日を祝う旅の途中でキャラバン隊に会えたことは幸運だったと話し、「被爆者がどんどん少なくなるなかで、2世、3世と核の跡形は消えることはありません。戦争や核兵器を無くさないと人は生きていけません。一緒に核兵器廃絶のために力を尽くしましょう」と訴えました。

 建交労全国青年部の藤川拓部長は、被爆者と宣伝中に遭遇して宣伝行動を一緒にできたことは貴重な経験だとのべ、「改めて反戦平和、核兵器廃絶に向けた取り組みをいっそう強めていかなければならない」と決意をのべました。同キャラバンは、各地を回りながら4日に広島で平和行進と合流する予定です。


 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 8月2日付け

 

      奈良市議会 予算議決

 知事の「移転建て替え」案退ける

 

奈良市役所1.jpg

 奈良市庁舎の耐震化について市議会は7月31日、臨時市議会本会議でほぼ原案どおりの補正予算を議決しました。荒井正吾奈良県知事による「移転建て替え」発言やその不当な介入にぐらついた市議会自民党等の動きを乗り越えて実現したものです。(奈良県・石橋和美)

 奈良市は、未耐震の市庁舎中央棟、東棟、西棟の耐震化を進めようと、2016年、「本庁舎耐震化整備検討委員会」を設置。耐震補強と建て替えの比較検討等が行われ、耐震補強による改修案が最終報告されました。2017年に市が外部補強で耐震改修を進める方針を決定。2018年には、耐震改修の実施設計予算が提案され、議決しています。

 不当な介入で混乱

 ところが今年に入って、荒井知事がたびたび平城宮跡南の積水化学工業跡地へ市庁舎を「移転建て替え」する私案に言及するようになりました。事実上の不当な介入です。

 奈良市は、今年の6月定例議会に耐震改修工事費を含む補正予算を提案。それに対して自民党が耐震工事の関連予算(12億3000万円)を全額カットする修正案を提出し、賛成20、反対16の僅差で可決。これには、知事の移転提案が少なからず影響を及ぼし、市政に無用な混乱をもたらしました。
 仲げん市長は7月臨時議会を招集し、12億8300万円の耐震関連予算を再提案。市民らが急きょ結成した「奈良市役所の耐震化を考える会」は、耐震化の議決を求めて7月臨時議会の会期中に各会派に申し入れを行い、7月26日には、市役所前で、緊急昼休み集会を開催。「知事の言いなりにはならず、市民の意見を聞いて決

めて」「一刻も早く耐震化を」と発言が続きました。

 市民運動が後押し

 こうした市民の道理ある声が高まるなか、31日の本会議で、一部減額があったものの、予算はほぼ原案通り議決されました。

 日本共産党市会議員団は「一刻も早い耐震化を」求める市民の願いを実現するために一貫して力を尽くしました。市民の急速な運動が、市長の提案を後押しする力になったことは間違いありません。

 知事は7月26日の定例記者会見で、「今後は、こちらから積極的なアプローチはしない」とのべ、当初の移転案積極推進の発言からはトーンダウンがみられました。


 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 7月31日付け

 

      核兵器廃絶へ運動を

   

般若寺2019.jpg

 第30回原爆犠牲者追悼・般若寺平和の塔のつどい(同実行員会主催)が27日、奈良市内の同寺の本堂で行われ、約50人が参加しました。

 同寺の工藤良任住職は、原爆の火を残すため1989年に平和の塔が建立されたと由来を説明、同つどいが今年で30回目となる節目の年でもあるとのべ、「核兵器の廃絶を願い運動を進めていこう」と訴えました。

 。初めて参加した、被爆者の秋山勝彦さんは、5歳の時に広島で原爆の爆風に飛ばされ、ケガをしたことや逃げる途中に真っ黒になった多くの死体を見たことなどを語り、「核兵器を無くし、原爆の火が早く消せるようにしたい」と話しました。

 30周年記念のつどいとして、約10年ぶりに第二部が復活、草笛四朗さんによる「一本の鉛筆」(美空ひばりさん)などの歌や香芝市年金者組合による「南京玉すだれ」が披露され、にぎやかな掛け声や拍手に本堂がつつまれました。


 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 7月28日付け

 

    共闘の発展、党躍進へ

       山下副委員長訴え

 

参院選報告集会.jpg

 日本共産党奈良県委員会は27日、山下よしき副委員長・参院議員を迎え、奈良市内で参議院選挙結果報告会を開きました。

 山下氏は、選挙結果で最も重要なのは、自民・公明などの改憲勢力が、改憲発議に必要な3分の2を割り、性急な改憲を許さない国民の民意が示されたことだと表明。全国32の1人区で共闘が発展し、奈良でも4野党の比例得票の147%を野党統一候補が獲得したことを紹介し、「総選挙に向けて、市民と野党の共闘をさらに発展させよう」とのべました。

 今回の選挙の成果を確信に、悔しさをバネに、「どんな情勢のもとでも前進できる力をもつ党になるため自力をつけよう」と熱く訴えました。

 参院選比例候補として奮闘した、鎌野祥二党県国政委員長もあいさつ。昨年5月から1年2カ月の間候補者として活動してきた思いを語り、「来たる総選挙で野党連合政権へ進む『共闘』の発展と共産党の躍進のためにがんばります」と決意をのべました。

 西田一美野党統一候補から連帯のメッセージが寄せられました。


 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 7月28日付け

 

      東電の姿勢批判

 

奈良でも7・26.jpg

 毎週金曜日の「脱原発奈良でも行動」が奈良市のJR奈良駅前で行われました。354回目です。

 呼びかけ人の白川史恵さんは、東京電力が福島第2原発の廃炉を正式に表明したことについて、「あれだけの事故を起こしながら、全基廃炉の決定が遅すぎる」と東京電力の姿勢を批判しました。

 参加者は「原発いらない」「再稼働反対」「原発とめろ」とコールしながら関西電力奈良支店前までデモ行進しました。


 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 7月27日付け

 

     平和のための戦争展

 

奈良市戦争展.jpg

「第26回平和のための奈良市戦争展」(同展実行委員会主催)が同市の生涯学習センターで開かれています。(28日まで)

 会場には、戦時中に使われていた、防空頭巾や日本軍が使用した防毒マスクや軍靴などが展示され、壁には、原爆や15年戦争のパネル写真などが展示されています。

 25日は、奈良市在住の吉田禮子さん(86)が、「引き上げ体験」を語りました。日本が侵略した中国の東北部(旧満州)で生まれた吉田さんは、小学校2年生のとき太平洋戦争が始まり、6年生で終戦になるまで、毎月8日には、教育勅語の暗唱や「君が代」「海行かば」などを歌い、日本が負けることはないと素直に信じる軍国少女だったと語りました。

 終戦後は、生活が一変し、街中では暴動が起こり、学校や病院がないなか1年間暮らし、貨物列車や貨物船に乗って日本に引き揚げてきたとのべ、「私たちは、知らないまま戦争になってしまった、戦争にならないためにしっかりしないといけない」と話しました。

 話を聞いた、市内の小学校6年生の女児(12)は「平和の大切さをあらためて考えないといけない。大人も子どももがんばらないといけないと思った」とのべ、別の女児(11)は「戦争はたくさんの人が亡くなるからしたくない」と話しました。


 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 7月23日付け

 

  「声を上げ続ける」

     西田一美野党統一候補

 

西田さん結果記者会見.jpg

 奈良選挙区(改選数1)では西田一美野党統一候補(無所属)が21万9244票(得票率40・22%)を獲得しましたが、惜敗しました。当選したのは、自民党の現職で公明党が推薦する堀井巌氏です。

 西田氏は、結果を受け事務所で記者会見。各政党や団体などから寄せられた多くの支援や協力に感謝の言葉をのべ、「選挙中に県内の皆さんからいただいた『助けてほしい』『何とかして欲しい』この声に応えていく為に声を上げることを止めずに続けていきたい」と訴えると、労をねぎらう拍手に包まれました。

 日本共産党は、比例代表では4万5972票(得票率8・32%)を獲得、2016年参院選比例票との比較で、1万2868減票となりました。



最新記事

記事カテゴリー

過去の記事

さらに古い記事

記事検索

その他

mobile

qrcode