ニュース 青年のページ 政策と主張 議員・候補者 リンク お問合せ プロフィール
ニュース

 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 8月1日付け

 

     伝え続ける大切さ訴え

 

奈良市戦争展2018.jpg

 「第25回平和のための奈良市戦争展」(同展実行委員会主催)が26日から29日まで同市内で開かれました。

 アジア太平洋戦争や東京大空襲、陸軍奈良u連隊などを紹介するパネル写真や灯火管制であかりが外に漏れないようにする黒い覆いや衣類などが展示されました。

 1945年7月24日、現在のJR王寺駅前で米軍戦闘機の機銃掃射に遭遇、負傷した鈴木知英子さん(熙)が講演。「私の戦争は終わりません」とのべ、被弾し体内に残った鉛の毒が身体をむしばむなか、小学校や中学校で語り部の活動を続けていることについて、「平和な世の中をつくるために、子どもたちに戦争のことを伝えていくことが大切だ」と訴えました。

 

     実態を知る必要がある

香芝戦争展.jpg

 第17回平和のための香芝戦争展(同実行委員会主催)が7月28日、29日の両日、奈良県香芝市内で開かれました。

 会場には、戦時中に使用された衣料切符や戦時債権(初出品)、当時の写真、軍服などが展示され、地下壕を模した迷路やお手玉など昔の遊びを体験するコーナーもありました。

 同市在住の岡田典明元関西金光学園教員は「平和を祈るだけでなく、戦争の実態を知らなければならない」とのべ、金光教による沖縄戦の遺骨収集活動に参加したことについて報告しました。

 収集した遺骨のそばには、印鑑や万年筆など身元が分かる物が見つかり、遺族のもとに返った例もあるとのべ、「遺骨は現在と過去をつないでいます。最後の最後まで収集してあげたい」と話しました。

 参加した小学6年の女子児童は「遺骨から直接話は聞けないけれど、私たちがその人たちの思いに気付かないといけないと思った」と話しました。


 

      しんぶん赤旗奈良県ニュース 

 

奈良でも7・27.jpg

 毎週金曜日の「脱原発奈良でも行動」がJR奈良駅前でありました。304回目です。

 呼びかけ人の白川史恵さんは、「私たちは『原発はいらない』『子どもを放射能から守りたい』という思いでこの行動を始めました。原発ゼロの一致点でこの行動を続けていきたい」と訴えました。

 参加者は「原発いらない」「再稼働反対」とコールしながら関西電力奈良支店前までデモ行進しました。

 駅前で「脱原発の歌」を歌い、アピールすると、男性が拍手で賛同しました。

 かまの祥二参院奈良選挙区候補も参加しました。


 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 7月31日付け

 

    「平城高校を残して」

   奈良の保護者ら 文科省へ申し入れ

 

     宮本県議と宮本衆院議員も

 

 県立平城高校の保護者や卒業生など関係者と日本共産党の宮本次郎奈良県議は25日、県が進める県立高校再編計画をめぐる問題について文部科学省へ申し入れを行いました。宮本岳志衆院議員が同席しました。

 同計画について「計画発表から10日後に議会に提案。25日後に議決してしまうことは拙速だ」「利便性もよく人気のある平城高校を廃校し、その跡地に耐震化の課題を持つ奈良高校を移転させ、そのまま使用する前代未聞の手法」「計画見直しを求める署名がわずか2週間で2万人分も寄せられた」と指摘。

 同様の事例が他県にあるのか、国による公立高校の耐震化実態状況や統廃合基準の全国的な状況を問い合わせました。

 文科省の担当者は、県の計画について「改めて問い合わせる」とし、奈良高校の耐震化が今後3年間放置される問題について「一刻も早く何らかの処置をとり安全確保するべき」と答えました。

 平城高校の関係者は「生徒や卒業生、保護者を置き去りにする県の強引な姿勢に、生徒や関係者は悲しい思いをしている。何としても改めさせたい」と強く語りました。


 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 7月29日付け(12P地方特集)

 

 来年から中学校で「道徳」が教科になり、各地で使用する教科書の採択が始まっています。各地では日本教科書社版など「戦争を肯定するような教科書はやめて」の声が高まり、運動の成果が生まれています。

 

   市教委に危惧表明

 

奈良ネット申し入れ.jpg

 奈良県の子どもと教科書奈良ネット21と同橿原ネット21は7月、奈良市と橿原市の教育委員会に「中学校道徳教科書の採択にあたって」の申し入れをしました。

 両ネットは、「日本教科書株式会社」の中学校道徳教科書は、生徒の人格形成に役立たないばかりか、逆にゆがめてしまうおそれがあると危惧を表明。教科書を作成する日本教科書株式会社についても、ヘイト本などを多数出版する「晋遊舎」の会長が代表者の一人となっていると懸念しています。

□題材に首相演説

 文科省の検定意見総数は184件中、同社につけられた意見は67件(全体の36%)もあり、専門家に完成度の低い教科書だと指摘されています。

 道徳の指導要綱は、内容項目をA・B・C・Dの4つの大項目に分類しています。同社以外の7社は、内容を適宜織り交ぜて配列し、一冊に編集していますが、同社だけは、各学年ともA・B・C・Dを順番に扱い、1学期はAの内容ばかり学習することになり、先生にとっては使いづらく、生徒にとっては学習しづらい教科書になっていると両ネットは指摘します。

 新潟県長岡市とアメリカのハワイ州ホノルル市の姉妹都市提携で真珠湾に花火を打ち上げるという題材(2年「白菊」)の最後のページには、安倍首相の真珠湾での演説「和解の力」が掲載されています。

 その内容は、侵略戦争への謝罪や反省は一言もなく、日米同盟の強化を真珠湾に誓うというもので、現職の政治家の演説を教科書に使うことは、義務教育諸学校教科用図書検定基準に抵触するおそれがあります。

□徳目を自己評価

 各学年最終ページには「心の成長を振り返りましょう」という「自己評価」のページがあり、「中学生で身につけたい22の心」として、「愛国心」や「礼儀」などの徳目を4段階で自己評価させます。両ネットは、愛国心を理解だけでなく態度や行動まで自己評価させることは問題だとしてきしています。

 申し入れの参加者は「子どものころから愛国心を刷り込んでいくのは危険。強制されて身につくものではない」(橿原市・男性)「いろいろな問題で隠ぺいやうそをつく安倍首相の演説を教科書に載せることは不道徳」(奈良市・男性)「道徳の教科に点数はつけないと聞いているが、中学3年生は高校受験に向けて、先生が望むような自己評価を書いてしまうのではないか」(奈良市・女性)などと訴えました。

 両会とも、8月に行われる教育委員会の教科書用図書採択(奈良市2日午後1時・橿原市9日午後2時)の傍聴に参加しようと呼びかけています。(奈良県・石橋和美)


 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 7月27日付け

 

      奈良の教育守ろう

      教員や保護者らつどい

 

奈良の教育を守るつどい.jpg

 みんなで奈良の教育を守るつどい(同実行委員会主催)が22日、奈良市内で開かれ、教員や保護者など68人が参加しました。

 奈良の教育について4人が報告。山洋介奈良市教職員組合副委員長は同市の小学4・5年生を対象に実施されている算数学習システム「学びなら」の問題点について説明。「県立高校削減を考える会」事務局の吉本憲司氏は、県が県立高校3校を統廃合する「高校適正化実施計画」が6月議会で可決されたことをうけ、関連条例が提案される9月議会にむけて、「反対運動を立て直すつもりでがんばろう」と訴えました。

 「奈良市の保育と教育の充実を求める会」の小幡尚代氏は、同市で進められる小中学校統廃合問題と幼保再編計画についてのべ、奈良教育大学などの国立大学の現状を同大学付属学校園教職員組合の大谷陽子氏がそれぞれ報告しました。

 米シカゴの公立小学校教師サラ・チェンバース氏が、学力テストの成績で公立学校の統廃合が決まることに反対し、阻止した運動を報告しました。


 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 7月25日付け

 

    小中学校にエアコンを

     党奈良県議団など申し入れ

 

緊急申し入れin奈良市.jpg

 日本共産党奈良県議団と同奈良市議団、同県員会、同奈良地区委員会は23日、「酷暑から子どもたちの命と健康、安全を守るための緊急申し入れ」を、仲川げん奈良市長と中室雄俊同市教育長にしました。

 酷暑から子どもたちの命と健康、安全を守るために、▽学校施設(普通教室および体育館)への空調設置を急いで行うこと。▽2学期が始まるまでに、各学校施設に緊急避難できる教室を確保することーなどを求めました

 山村さちほ県議は、市民から子どもたちが心配との声が聞かれるとのべ、「県の方への要望を強めていただきたい」と話し、北村拓哉市議は「連日の記録的な暑さのなか、他県では熱中症で亡くなっている。この間、普通教室へのエアコンの設置が遅れている」と対応を求めました。

 対応した職員は「国、県へ予算要望を引き続きしていきたい」と答えました。

 申し入れには、かまの祥二参院奈良選挙区候補が参加しました。


 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 7月24日付け

 

      暮らし応援の政治に

 

いっせい街頭宣伝.jpg

 日本共産党奈良県委員会は21日、奈良市・近鉄学園前駅で宣伝し、かまの祥二参院奈良選挙区候補と細野歩県委員長らが安倍政権を批判し、西日本豪雨災害の救援募金を呼びかけました。

 かまの氏は、安倍政権がカジノ法など、国民多数が反対する法案を数の力で強行成立させたことについて「西日本豪雨災害への対応や人の命より賭博優先の暴挙に強く抗議する」と批判し、「安倍政権を倒し、国民の暮らしを応援する政治へ変えていきましょう」と訴えました。

 ビラを受け取った年配の女性は「がんばってくだい」と激励しました。


 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 7月24日付け

 

      地域別診療報酬は問題

       共産党奈良県議団

     県保険医協会と懇談 

 

保険医協会懇談.jpg

 日本共産党奈良県議団(山村さちほ団長、5人)と、かまの祥二参院奈良選挙区候補は19日、県医療費適正化計画にもりこまれた「地域別診療報酬」について県保険医協会と懇談しました。

 同協会の青山哲也理事長は、5月に地域別診療報酬に反対する声明を県に提出したことなどこの間の取り組みを説明。医療費を抑制するため県が検討している、診療報酬の引き下げは、「基準となる目標値など全く合理性のないもの。県の医師会、歯科医師会、薬剤師会も危機感をもっている」と話しました。

 県議団は、議会での知事の答弁や山添村が地域ぐるみで健康診断を徹底させ、病気の早期発見・早期治療で国保料を低く抑えていたのに、国保の県単位化で国保料が値上げになるなどの事例を紹介しました。

 理事からは「地域別診療報酬で診療報酬が下げられれば、県内の医療機関は最新の設備投資や人件費などの削減につながり、個人病院などは生き残れなくなってくる」「この問題を県民に分かりやすく伝えてほしい」などの意見が出されました。

    

 


 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 7月22日付け

 

       関電支店へデモ

 

7・20奈良でも.jpg

303回目の「脱原発奈良でも行動」がJR奈良駅前でありました。

 呼びかけ人の白川史恵さんは、福島第1原発で汚染水漏れが見つかったとのべ、「管理の難しい原発はいらない」と訴えました。

 参加者が、小太鼓やタンバリンのリズムに合わせて「原発いらない」「再稼働反対」とコールしながら関西電力奈良支店前までデモ行進。「脱原発の歌」を歌って道行く人にアピールすると、駅利用者からの注目を集めました。


■市民と野党の共闘を前に

 こくた恵二党国会対策委員長・衆院議員の国会報告と懇談

 と きː2018年8月4日午後2時

 ところːなら100年会館 小ホール (JR奈良駅西側すぐ)

 

 悪法を数の暴力で強行採決を繰り返した国会。

 そうした国会で野党共闘に奮闘している、こくたさんが国会報告をします。

 奈良県で市民と野党の共闘を前にすすめたいと願うみなさんと懇談します。

 ぜひ、語りあいましょう。



最新記事

記事カテゴリー

過去の記事

さらに古い記事

記事検索

その他

mobile

qrcode