ニュース 青年のページ 政策と主張 議員・候補者 リンク お問合せ プロフィール
ニュース
日本共産党が宮本岳志衆院議員迎え演説会
目前の県議選 県都で山村、小林両県議の必勝必ず
 


宮本岳志衆院議員とともに手をあげて参加者に応える
小林てるよ県議(左)と山村さちほ県議(右)

 4月に迫った奈良県議選で勝利をと日本共産党演説会が2月22日、奈良市内で開催されました。

 国会の合間に駆けつけた宮本岳志衆院議員が国会の状況を紹介。衆院で8議席から21議席になって国会論戦の質問回数も時間も増えて、事細かく具体的に議案の問題点を追及する中で、労働法制の改悪や安保法制など、国民の暮らしより大企業奉仕と海外で戦争する国づくりへ進む安倍内閣の暴走を浮き彫りにしていると報告しました。

 そして、県政には安倍内閣の暴走から県民の暮らしを守る役割が求められているとし、沖縄県でのオール沖縄・翁長県政の奮闘ぶりを紹介しました。これに対し、安倍の暴走に追従する荒井県政を厳しく批判。4月の県議選で山村、小林両議員を押し上げ、全県7人の県議団を誕生させて、県民の暮らしを守る県政へ転換しよう訴えました。

 山村さちほ、小林てるよ両議員が決意を表明。山村議員は、初当選以来1511カ月の活動を振り返り、「『県民の困難あるところ日本共産党あり』の精神で活動してきた」と語り、県民の暮らしを守るとともに、奈良の自然景観、文化遺産を守ると決意を述べました。

 小林議員は、この間の福祉切り捨てと、さらに改悪されようとしている介護保険制度の中身を告発し、「福祉は私の原点です。福祉暮らしを守り発展させる先頭に立たせてほしい」と訴えました。

 一昨年に閉館した魚佐旅館の元専務の金田充史さんが「若草山にモノレール建設を打ち出す知事に、ダメなものはダメと言えない県議会では真の観光振興など望めない。その点、キッパリダメなものはダメと言える日本共産党の山村、小林両議員の存在は頼もしい」と述べ、党派をこえて支持をと訴えました。障害者福祉施設で働く青年は「庶民の暮らしが厳しくなる中、障害者の暮らしも福祉もズタズタにされて、人間の尊厳が踏みにじられてゆく」と福祉現場の実態を告発し、「日本共産党が伸びてこそ人間らしい暮らしが守られる」と、奈良市での県議2議席確保の必要性を訴えました。


コメント
コメントする








   

最新記事

記事カテゴリー

過去の記事

さらに古い記事

記事検索

その他

mobile

qrcode