ニュース 青年のページ 政策と主張 議員・候補者 リンク お問合せ プロフィール
ニュース
生駒郡区 定数3を4人で争う超少数激戦か
有力新人立候補予定で激戦に拍車
共産党の宮本議員は実績押し出し3期目へ全力
 

 生駒郡区は定数3で、現在日本共産党の他、自民1、社民1です。日本共産党は、3期目に挑む宮本次郎県議の議席を何としても維持するために全力をあげています。

自民は今回、現有1議席に加えて有力新人1人を推薦するとしており、社民も引退を表明していた現職が一転して出馬を表明し、1人はみだしの大激戦が予想されています。さらに維新の去就が注目されます。

 自民推薦の新人は斑鳩町長の長男で、厚い支持基盤を持ち、斑鳩町在住の自民、社民の両現職との3人によって町内でのし烈な争いを繰り広げ、たたかいを生駒郡全域に広げています。

 共産党の宮本県議は、新たな構図となり激戦になった選挙戦で、厳しいたたかいになっていますが、2期8年、若さと行動力を生かして、周産期医療など住民の願い実現に奮闘してできたつながりを生かし、さらに広げようと奮闘しています。

宮本次郎議員

生駒郡区の町議選
 生駒郡の後半戦は、平群町、三郷町、斑鳩町、安堵町の4町すべてで行われます。

 

  平群町議選

平群町では植田いずみ、山口まさたかの両現職と稲月とし子候補の3人で、3議席回復をめざしています。

 
植田議員


山口議員


稲月候補

  三郷町議選

三郷町でも久保安正、神崎静代の両現職に加えて、佐々木勝町議から引き継ぐ新人の南まき候補の3人で3議席維持をめざしています。

 
久保議員


神崎議員


南候補

 斑鳩町議選

 斑鳩町では現職の木沢正男議員と、里川よし子議員から引き継ぐ新人の浜まり子氏で2議席維持をめざしています。

 
木沢議員


浜候補

  安堵町議選

安堵町では、引き続き現職の田中幹男議員が4選をめざします。

田中議員

コメント
コメントする








   

最新記事

記事カテゴリー

過去の記事

さらに古い記事

記事検索

その他

mobile

qrcode