ニュース 青年のページ 政策と主張 議員・候補者 リンク お問合せ プロフィール
ニュース

しんぶん赤旗奈良県ニュース  2020年9月9日付け

 

奈良から政治変えよう

 

 

 衆院奈良3区地域に発足(6月17日)した市民連合中南和が5日、第1回総会を奈良県橿原(かしはら)市で開催。共同代表の淺川肇(戦争をさせない奈良1000人委員会呼びかけ人)、佐々木育子(奈良総合法律事務所弁護士)、森永雅世(I・アイ女性会議奈良)の3氏があいさつしました。

 

 淺川氏は「戦争の時は国の権利が絶対的となり、民の権利は全部奪われる。だから9条をしっかり守らなければならない」と述べ、安倍首相が辞めても、選挙で現政権を倒すと決意を示しました。

 

 佐々木氏は、コロナ禍により価値観の見直しに迫られたとし、「働きやすい暮らしやすい社会に変えていく」機会と語りました。

 

 森永氏は「それぞれの地域に市民連合ができることを力強く思う。安倍退陣は、粘り強く安倍ノーと言ってきた市民の力」と述べ、奈良から政治を変えようと訴えました。

 

 「お互いが支持政党の違いを尊重しあって気持ちよく大同団結しよう」を合言葉に、宣伝や会員拡大、県知事へのコロナ対策申し入れなどの方針が確認されました。


コメント
コメントする








   

最新記事

記事カテゴリー

過去の記事

さらに古い記事

記事検索

その他

mobile

qrcode