ニュース 青年のページ 政策と主張 議員・候補者 リンク お問合せ プロフィール
ニュース

しんぶん赤旗奈良県ニュース  2020年7月28日付け

 

地域別診療報酬やめよ

知事提案に反対

 

 奈良県の荒井正吾知事は19日、全国知事会でコロナ「緊急提言」に、医療支援を名目に地域別診療報酬の導入を盛り込むよう提案しました。奈良民主医療機関連合会(奈良民医連)は導入反対を表明しています。

 

 県担当課は、医療機関に支払われる診療報酬1点10円を、例えば、11円か12円へ引き上げるなど都道府県独自の判断で増減できる仕組みづくりを国に要望しています。

 

 奈良民医連の宮野栄三会長は21日、同制度導入に反対し他の支援策を求める緊急要望を知事に提出。同要望は、地域別診療報酬について、奈良県医師会臨時代議員会(2018年5月日)で断固反対する決議があがるなど、コロナ禍で県や医療・介護関係者が一体となり対応することに混乱、分断を起こしかねず、これまでの医療政策の見直しが求められている中、それに逆行する政策だと反対理由を述べています。

 

 日本共産党奈良県委員会は、22日に新型コロナ対策(第5次)を県へ申し入れした中で、同制度の導入検討や政府への要望の撤回を求めました。山村幸穂党県議団長は「新型コロナ感染症による医療危機は、全国共通の問題です。地域別診療報酬導入に固執することは、医療関係者の理解を得られません」と語気を強めます。


コメント
コメントする








   

最新記事

記事カテゴリー

過去の記事

さらに古い記事

記事検索

その他

mobile

qrcode