ニュース 青年のページ 政策と主張 議員・候補者 リンク お問合せ プロフィール
ニュース

しんぶん赤旗奈良県ニュース  2020年6月30日付け

 

医療機関の協力ぜひ

山村県議が感染対策質問

 

 

 日本共産党の山村幸穂奈良県議は26日、県議会本会議で一般質問を行い、新型コロナ禍での「医療体制や感染防止対策について」荒井正吾知事に質問しました。

 山村県議は、医療機関ではコロナ患者の受け入れの有無にかかわらず経営難になっている実態を突きつけ、財政支援を国に求めるとともに県の支援を求めました。知事は、国の第2次補正予算を活用し医療機器の整備や院内感染防止対策などの補助、医療従事者に宿泊費特殊勤務手当などの支給を補正予算案に計上していると答えました。

 

 また山村県議は、補正予算案の「重点医療機関、協力医療機関への支援」をみとめたうえで、さらに診療所も含めた全ての医療機関に対しての対策についてただしました。知事は、「医療機関の経営悪化の噂は聞いている」とし、県内の医療機関に対してアンケート調査を行い、結果に応じて国に要望していくと答弁。

 

 山村県議は、北海道では医療機関が困難になったとき、互いにスタッフを派遣して助け合う制度をつくり、県が派遣費用を負担する実例を紹介。奈良でも医療機関が協力し合いオール奈良で県民の命を守る取り組みを進めるよう求めました。


コメント
コメントする








   

最新記事

記事カテゴリー

過去の記事

さらに古い記事

記事検索

その他

mobile

qrcode