ニュース 青年のページ 政策と主張 議員・候補者 リンク お問合せ プロフィール
ニュース

しんぶん赤旗奈良県ニュース  2020年6月27日付け

 

小さな国の声が世界動かす力に

 

 

 原水爆禁止2020年国民平和大行進(東京―広島コース)が26日、京都府から奈良県入りし、奈良市内の般若寺(はんにゃじ)で引き継ぎ集会が開かれました。

 平和行進奈良県実行委員会の松本俊一委員長(奈労連議長)が、奈良県では既に同平和行進和歌山―三重コースを18日に引き継ぎ、県内全自治体に核兵器廃絶への協力を申し入れ、26日現在、75%の自治体からペナント(名前を書いて寄付)が返されていることを紹介。30日に大阪へ引き継ぐまで頑張りたいとあいさつし、横断幕を引き継ぎました。

 

 これに先立ち同実行委員会は、近鉄奈良駅前の高天(たかま)交差点でスタンディング宣伝を50人超で行いました。参加した「ならコープ平和の会」の安藤泉世話人代表は「沖縄『慰霊の日』の玉城デニ―さん(知事)のスピーチに感動しました。地球全体のことを、人々のことを考えて一緒に生きて行こうと言われました。核兵器禁止条約も小さな国々や個々人から発せられた声がとても大きくなって世界を動かそうとしています。みなさんも一緒に声をあげましょう」と訴えました。

 

 


コメント
コメントする








   

最新記事

記事カテゴリー

過去の記事

さらに古い記事

記事検索

その他

mobile

qrcode