ニュース 青年のページ 政策と主張 議員・候補者 リンク お問合せ プロフィール
ニュース

 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース  5月19日付け

 

 

    奈良でスタンディング

 

検察庁法改定案反対宣伝.jpg

 検察庁法改定案に反対する大阪や京都の行動に連帯し、「9条の会ならネットワーク」などの有志がSNSで呼びかけた怒りのソーシャルディスタンス(社会的距離)スタンディングが17日、奈良市のJR奈良駅前広場で行われました。

 参加者は「検察庁法改定案に抗議します」「検察庁法改定案は三権分立を破壊する」など思い思いのプラカードを手に、黄色いテープを服に張り付け連帯を示しました。

 「強行採決絶対反対 ウソつきアベヤメロ」と墨書きの横断幕を広げる初参加の女性(奈良市)は「SNSでこの行動を知り、参加しました。本当に許すまじです。黒川さんが辞任しないのもおかしい」と怒りをにじませました。

 一人ひとりのプラカードをじっくり見て回っていた男性は「今の政治はむちゃくちゃ、人の立場に立って思考できない安倍が政治の中枢にいることが信じられない。自分が出来ないので、こんなふうに意思表示をしてくれるのはありがたい」と話しました。


コメント
コメントする








   

最新記事

記事カテゴリー

過去の記事

さらに古い記事

記事検索

その他

mobile

qrcode