ニュース 青年のページ 政策と主張 議員・候補者 リンク お問合せ プロフィール
ニュース

 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 1月29日付け

 

     新型肺炎の情報密に

 

新型コロナウィルスに対する申し入れ.jpg

 日本共産党奈良県会議員団(山村幸穂団長と3人)は28日、荒井正吾県知事に対して、新型コロナウィルスに関する具体的な対策強化を求める緊急申し入れをしました。

 多くの外国人観光客が訪れる県内でも、新型コロナウィルスの感染が心配されるなか、県の対応は、厚生労働省のホームページを県のホームページにリンクさせる、一般的な注意喚起に留まっています。

 党県議団は▽全国の患者数など最新情報の発信と注意喚起を進める▽発熱した宿泊客への対応を宿泊施設に徹底させる▽外国人観光客への医療機関などのわかりやすい情報の提供ーなど具体的な対策を示すように求めました。

 県議団は「早めにできることは対応して欲しい」「新しい情報が分かるように発信して欲しい」と要望しました。

 県の担当者は「啓発用のチラシ作成や県有施設・イベントでの掲示などで知らせていきたい」と述べました。


コメント
コメントする








   

最新記事

記事カテゴリー

過去の記事

さらに古い記事

記事検索

その他

mobile

qrcode