ニュース 青年のページ 政策と主張 議員・候補者 リンク お問合せ プロフィール
ニュース

 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 11月23日付け

 

  改憲反対声あげつづける

 

11.jpg

 「憲法9条守れ!奈良県共同センター」は19日夕刻、安保法制が強行可決された日(2015年9月19日)を忘れないと奈良市のJR奈良駅前で宣伝。3000万人署名を呼びかけました。

 県平和委員会の河戸憲次郎理事長は、憲法9条に自衛隊を明記すれば、これまでの制約が取り払われ、海外に自由に出かけていく実質的な軍隊に変貌してしまうと述べ、「安倍9条改憲は断固反対です」と訴えました。

 奈良革新懇の深澤司事務局長は、「桜を見る会」に見る、安倍内閣の政治の私物化を許さず、市民と野党の共闘で追及し、真相を明らかにしていく必要があると話し、「政治は変えることが出来ます。あきらめずに、忘れずに声をあげつづけよう」と訴えました。

 参加者は、ビラやミニリーフを配り、駅利用者が「ありがとう」「がんばって」と受けとりました。


コメント
コメントする








   

最新記事

記事カテゴリー

過去の記事

さらに古い記事

記事検索

その他

mobile

qrcode