ニュース 青年のページ 政策と主張 議員・候補者 リンク お問合せ プロフィール
ニュース

 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 11月21日付け

 

    古墳群と11面観音

 

わがまちふるさとin広陵町(山田町議)石塚古墳.jpg

 3万5千人の人口の広陵(こうりょう)町は奈良盆地の大阪寄りにあります。たくさんの古墳を有し、全国有数の靴下製造地域のある緑豊かな農村地域と住宅開発された真美ケ丘地域があります。

 農村地域にはアオサギ、シロサギなどの野鳥が訪れ、稲刈りの季節には一家総出で農作業に励む農家もまだ多いのですが、高齢化と後継者不足のため離農者も増えてきています。

 河合町にまたがる県の馬見丘陵公園が有名です。季節ごとの花々を見に訪れる県外からの方も多く,賑やかですが、国特別史跡の巣山古墳、横穴式石室に入れる牧野(ばくや)古墳、三吉石塚古墳(写真)などの古墳群と11面観音が重要文化財に指定された与楽寺や百濟寺の3重の塔等が町内では一番の見所です。

 3年前には広陵町の図書館が舞台となった映画「天使のいる図書館」が全国で上映されました。これは近隣の4市1町が葛城地域観光協議会を作り上映協力金を拠出して作成した映画で4市1町の見どころ満載の映画です。

 今を時めく、横浜流星さんや小芝風花さんが出演し評判となりました。この記事をご覧になった方はぜひDVDで見てください。きっと広陵町の図書館を訪れ、天使に会いたくなると思います。

(広陵町、山田美津代町議)


コメント
コメントする








   

最新記事

記事カテゴリー

過去の記事

さらに古い記事

記事検索

その他

mobile

qrcode