ニュース 青年のページ 政策と主張 議員・候補者 リンク お問合せ プロフィール
ニュース

 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 11月5日付け

 

     連帯の力で平和守ろう

 

橿原9条の会 11・3?.jpg

 奈良県の橿原市9条の会は3日、「安倍改憲阻止!辺野古埋め立て即時中止!」近鉄大和八木駅前集会を開き、60人が参加しました。

 水谷和宏代表世話人は、先の参院選挙で奈良県でも市民と野党の共闘が大きく前進したと述べ、「3000万人署名の運動を広げ、安倍改憲ノー声を広げていきたい。沖縄の辺野古に基地をつくらせないたたかいに本土の我々も連帯し、平和を守る運動を進めよう」とあいさつしました。

 国民民主党奈良県総支部連合会の藤野良次代表、日本共産党の太田敦県議、新社会党奈良県本部の森川満委員長が、安倍政権の憲法改正阻止、沖縄の辺野古への基地建設反対の思いを述べ、「ともにがんばりましょう」と連帯のあいさつをしました。

 奈良市民連合事務局の池本昌弘さん、9条の会奈良・県ネットワークの佐川愛子さんが、「市民と野党の共闘の力で、改憲への道を閉ざそう」とあいさつしました。

 集会終了後、参加者は「安倍改憲に反対しよう」「辺野古埋め立てをやめさせよう」などとコールしながら同市役所までデモ行進しました。


コメント
コメントする








   

最新記事

記事カテゴリー

過去の記事

さらに古い記事

記事検索

その他

mobile

qrcode