ニュース 青年のページ 政策と主張 議員・候補者 リンク お問合せ プロフィール
ニュース

 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース

 

 奈良教育大学構内で戦跡めぐり

 

弾薬庫跡

 奈良県の天理市平和会は2日、日本陸軍奈良聯隊(れんたい)本部が置かれ、現在は奈良教育大学の構内で「平和のための戦跡めぐり」を行い12人が参加しました。

 参加者は「大阪・奈良戦争遺跡歴史ガイドマップ」の「奈良聯隊跡とその周辺を歩く」を参考に、構内で見学可能な「弾薬庫」「周辺部土堤跡」「煉瓦積糧秣(れんがづみりょうまつ)倉庫」(現在は教育資料館)などの遺構や「陸軍用地9」と書かれた標石(同資料館内に保存)などを見学しました。

 弾薬庫や煉瓦積糧秣倉庫は当時のままの姿を残しており、頑丈な造りに参加者は「どのくらいの量の弾薬が保管されていたんだろう」「糧秣ってなに」「糧秣とは、兵隊用の食糧(糧)及び軍馬用のまぐさ(秣)を意味する言葉です」などと疑問を補いあいながら見学しました。

 

煉瓦積み建物跡


コメント
コメントする








   

最新記事

記事カテゴリー

過去の記事

さらに古い記事

記事検索

その他

mobile

qrcode