ニュース 青年のページ 政策と主張 議員・候補者 リンク お問合せ プロフィール
ニュース

 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 10月4日付け

 

  大極殿院 新たな回廊

 

藤原宮発掘記者会見?2019・10・3.doc.jpg

回廊の東西の長さを示す研究員

 

 奈良文化財研究所都城発掘調査部は3日、奈良県橿原市の藤原宮大極殿院の飛鳥藤原第200次発掘調査で、北面北回廊から西へのびる大極殿後方東回廊(仮称)の存在を確認したと発表しました。

 大極殿院は藤原宮の中心部に位置し、周囲を回廊で囲まれた東西約120叩南北約165辰龍間です。今回の調査では、従来空閑地と考えられてきた大極殿院北半部の空間に礎石建ち、瓦ぶきの複廊形式でつくられた、桁行(東西)総長28・7叩⇔孫圈米酲漫冒軣坑機Γ貝辰竜模を持つ大極殿後方東回廊が存在することが判明しました。

 東面北回廊と大極殿後方東回廊の造成には工程差がみられるものの、北回廊の東回廊との取付部分の柱間寸法が2・9辰搬召涼豐崟K。粥Γ鵜辰茲蠱擦い海箸ら、東回廊の桁行に合わせ調整したと考えられ、北回廊と東回廊が一体のものとして造る計画であったことが分かったと説明しました

 松永悦枝研究員は、藤原宮と大阪府の前期難波宮との間には、規模や構造における類似性が以前から指摘されてきたと述べ、大極殿後方東回廊と難波宮の内裏を区切る東西建物がほぼ同位置にあることから強い関連性が推測されると説明、「今回の発掘は、藤原宮の構造に関して新たな知見をもたらすとともに、宮殿配置の変遷や古代宮都の発展過程に関するこれまでの議論に重大な問題提起をするものとなりました」と話しました。

 


コメント
コメントする








   

最新記事

記事カテゴリー

過去の記事

さらに古い記事

記事検索

その他

mobile

qrcode