ニュース 青年のページ 政策と主張 議員・候補者 リンク お問合せ プロフィール
ニュース

 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 9月4日付け

 

 消費税10% みんな「困る」

  生駒で共産党宣伝「声上げ続ける」

 

消費税増税中止宣伝in生駒.jpg

 奈良県の日本共産党生駒市委員会と後援会は3日、近鉄生駒駅前で、10月からの消費税増税中止を求める署名、宣伝行動を行い、14人が参加しました。

 同市委員会の和泉美鈴さんは「共産党は、消費税増税を中止し、税金の集め方と使い方を変えれば、教育や社会保障の財源は作れると提案しています。そういった制度にご一緒に替えていきましょう」と訴えました。

 参加者が「消費税10%中止を求める請願署名」とシール投票「10月からの消費税どう思いますか?」への協力を呼びかけると、駅利用者などが応じました。改札から出てきた男性が一直線にシールボードに近づき、「おおいに困る」と話し「困る」にシールを貼り、署名もしました。

 ビラを受け取った女性は「私、怒っています。戦闘機などを買うのに税金のムダ遣いをして許せません。でも、いくら声をあげてもかわりませんよね」と話しました。後援会員が「たとえ増税されても、あきらめず声を上げ続けることが大切。一緒に声をあげてください」と呼びかけました。

 宣伝では、署名が23人分集まり、シールを貼った31人全員が「増税は困る」に貼る結果になりました。


コメント
コメントする








   

最新記事

記事カテゴリー

過去の記事

さらに古い記事

記事検索

その他

mobile

qrcode