ニュース 青年のページ 政策と主張 議員・候補者 リンク お問合せ プロフィール
ニュース

 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 6月1日付け

 

「野党共闘の勝利と日本共産党の躍進で安倍政治にかわる希望ある政治を切り開こう」と近畿2府4県の日本共産党と後援会は31日、いっせい宣伝に取り組みました。参院選が目前に迫る中、毎週金曜日を近畿いっせい宣伝日とし、津々浦々で音の宣伝と対話・支持拡大を一気に加速させようと呼びかけています。

 

    ビラを次々受け取る

 

5・31いっせい宣伝.jpg

 奈良県では、県内の駅前で党議員や後援会員がいっせい宣伝を行い「近畿民報」を配りました。

 奈良市の近鉄高の原駅前では、山村幸穂県議と山口裕司奈良市議、京都府木津川市の宮嶋良造市議、後援会員が宣伝。山村県議は「どんな問題でも国民の立場でキッパリものが言える共産党を今度の参院選で大きくのばしていただき、政治を大本から切り替えよう」と訴え、2日の午後2時から橿原市で開かれる党演説会の案内もしました。

 後援会員や市議が「いってらっしゃい。共産党です」とビラを配ると「がんばってください」「おはようございます」と駅利用者が次々受け取る姿がありました。

 


コメント
コメントする








   

最新記事

記事カテゴリー

過去の記事

さらに古い記事

記事検索

その他

mobile

qrcode