ニュース 青年のページ 政策と主張 議員・候補者 リンク お問合せ プロフィール
ニュース

 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 1月9日付け

 

     奈良県春闘共闘会議

 

奈労連春闘旗開き.jpg

あいさつする松本奈労連議長

 奈良県春闘共闘会議は6日、「2019年春闘勝利 新春旗開き」を奈良市内で行い、40人が参加しました。

 あいさつした同会議代表委員の松本俊一奈労連議長は、職場に根ざした目に見える分かりやすい運動をつくり、労働組合が強く大きくなる春闘にしようと強調。「今こそ、労働組合の出番です。ピンチをチャンスと考えて、力を合わせてがんばりましょう」とのべました。

 黒澤幸一全労連事務局次長が講演。北海道や長野県、静岡県の労組の活動を紹介しながら、春闘にむけた組織拡大や大幅賃上げなど五つの構えと要求を説明し、「要求を実現するために声をあげれば変わると労働者に働きかけることが大切。要求と組織拡大と行動を結合させ、この春闘をたたかおう」と呼びかけました。

 竹末和美同会議事務局長・奈労連事務局長が2019年春闘の行動提起し、不当解雇撤回の争議をたたかう奈良学園大学教職員組合の川本正知執行委員長が引き続き支援を訴えました。

 日本共産党の山村さちほ県議が連帯のあいさつをしました。


コメント
コメントする








   

最新記事

記事カテゴリー

過去の記事

さらに古い記事

記事検索

その他

mobile

qrcode