ニュース 青年のページ 政策と主張 議員・候補者 リンク お問合せ プロフィール
ニュース

 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 1月4日付け

 

      共闘と党大きく

 

新春宣伝.jpg

 日本共産党のかまの祥二参院奈良選挙区候補、山村さちほ、小林てるよ両県議、奈良市議団は1日、東大寺や春日大社、興福寺などへの初詣客でにぎわう近鉄奈良駅前で、党後援会員たちと一緒に新年恒例の宣伝を行いました。

 かまの氏は「市民と野党の共闘と日本共産党の躍進で、行き詰った安倍政権の政治を変え、新しい政治への展望を開く年にしよう」と訴えました。

 山村氏は「県民に冷たい奈良県政を変え、くらしや教育をしっかり守るあたたかい奈良県をつくるために全力をあげます」と述べました。

 小林氏は「安倍暴走政治に追随する荒井県政を、県民の声を聞く県政に変えるため、今度の県議選で5議席から6議席以上に躍進させてください」と訴えました。

 今井光子、宮本次郎、太田あつし各県議や北野いつ子県議候補(大和郡山市議)も各地で宣伝しました。


コメント
コメントする








   

最新記事

記事カテゴリー

過去の記事

さらに古い記事

記事検索

その他

mobile

qrcode