ニュース 青年のページ 政策と主張 議員・候補者 リンク お問合せ プロフィール
ニュース

 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 12月25日付け

 

    山下副委員長が訴え

      奈良 今井県議が県政報告

 

今井県議.jpg

 日本共産党中南和地区委員会は22日、山下よしき副委員長・参院議員を招いた、今井光子県政報告会を開き、約130人が参加しました。

 山下氏は、激戦の沖縄県知事選にふれ、安倍政権が民意を無視して無法極まりない基地建設を進めるなか、基地建設反対の声が全国から広がったと紹介し、「沖縄を守ることは自分たちを守ること、この連帯を奈良からも広げよう」と呼びかけました。

 来年の参院選は、32の1人区で野党が本気の共闘をすれば自民党に勝てると強調。「野党共闘の前進と日本共産党の躍進で自公と維新を少数に追い込んで新しい政治をつくろう」と呼びかけました。

 県民の目線で大型開発などの無駄使いの県政をチェックし、県民とともに願いを実現する党県議団の値打ちについて語り、「県民にとって宝の議席をみなさんの力で守り抜かせてください」と訴えました

 今井県議は、県立高校統廃合問題や高畑裁判所跡地への高級ホテル建設など県民の思いを無視し、国言いなりの県政を批判、「議会ではっきりものが言えるのは共産党だけ、北葛城郡から7期目に向けて力をかしてください」と訴えました。

 統一地方選の上牧町、王寺町、河合町の6人の候補が決意をのべました。


コメント
コメントする








   

最新記事

記事カテゴリー

過去の記事

さらに古い記事

記事検索

その他

mobile

qrcode