ニュース 青年のページ 政策と主張 議員・候補者 リンク お問合せ プロフィール
ニュース

 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 11月14日付け

 

      命と暮らしを第一に

    かまの 祥二 新 奈良=改選数1

 

 甚大な被害をもたらした台風21号(9月)の被災現場へ。太田あつし県議と大淀町と川上村に向かいました。大淀町ではナシの収穫時期に強風で2〜5割が落果したと聞き、「ナシ農家の男性が『強風で様子を見に来たがどうしようもなかった』と肩を落す姿が忘れられません」と語ります。

 被害を受けた多くの農家が自力再建を強いられていることから、党県議団と一緒に荒井正吾県知事へ支援を要望。6日には、政府交渉で国の支援を求めます。かまの候補は「農業を国の基幹的産業として、農家の経営を応援し、災害対策に本腰を入れる政治に変えたい」と訴えます。

 故・辻第一衆院議員の現地秘書として「いのち第一、暮らし大切に」の政治への志を胸に刻んできました。

 「しんぶん赤旗」の県記者時代には、路線バスの運転手がバス停で乗客を降ろした直後に運転席で亡くなる過労死事件を取材。「夫の無念を晴らしたい」と家族の名誉と人間の尊厳をかけてたたかう遺族の姿に強く胸を打たれました。過労死を促進する「働き方」大改悪を強行成立させた安倍政治を一刻も早く終わらせなければと話します。

 選挙区候補として、つどいや街頭、訪問先で「日本共産党はどんな政党か」「安倍政治を変える道はここにある」などを語り奮闘しています。日本共産党を大きくしたいと中南和地域で入党をよびかけた業者の男性は「今の政治は腹にすえかねる」とこたえ入党を決意。かまの候補は「新入党の方と握手を交わす時、政治を変える力が大きくなったと実感します」とにっこり。

 「安倍政権を倒し、新しい政治をつくる絶好のチャンスです。国民要求を押しつぶす政治から国民の願いが届く政治に変えるために野党統一候補として国会におしあげてください」と力を込めます。(奈良県・石橋和美)

 かまの・しょうじ 1967年大阪市生まれ。立命館大学卒。故・辻第一衆院議員秘書や「しんぶん赤旗」奈良県記者などを歴任。党県常任委員、県国政委員長。


コメント
コメントする








   

最新記事

記事カテゴリー

過去の記事

さらに古い記事

記事検索

その他

mobile

qrcode