ニュース 青年のページ 政策と主張 議員・候補者 リンク お問合せ プロフィール
ニュース

 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 11月9日付け

 

   軍事費削り暮らし充実

 

1自治体キャラバンin大和郡山市.jpg

 第27回奈良県自治体キャラバンとして、「軍事費を削って、くらしと福祉・教育の充実を自治体キャラバン大和郡山市実行委員会」(市内18団体)は6日、同市役所で交渉を行い19人が参加しました。

 要求書には、▽地方自治の拡充で、市民のくらしを守ること▽今日の異常気象による水害などを教訓として、具体的な災害対策を行うこと▽すべての子どもに平等で豊かな保育・教育環境の実現など67項目の統一要求に基づき、担当課と意見を交換しました。

 同市実行委員会の夜久修史代表は「大和郡山のまちづくりを今後どうしていくのか交渉で伺っていきたい」とあいさつ。

 参加者からは「県が進める地域別診療報酬の問題など『奈良モデル』に市としてどう対峙するのかを教えてほしい」「市庁舎の建て替えより市民が求める小学校へのエアコン設置を進めてほしい」「次年度の市の決算状況は」などの要望が出ました。

 同日、同実行委員会は市議会への要請も行い。参加団体が浅田友昭議会事務局長に要請書を手渡しました。

 日本共産党の北野いつ子県議候補(同市議)、尾口いつぞう、上田けんじ、とくの衆の三人の市議も同席しました。


コメント
コメントする








   

最新記事

記事カテゴリー

過去の記事

さらに古い記事

記事検索

その他

mobile

qrcode