ニュース 青年のページ 政策と主張 議員・候補者 リンク お問合せ プロフィール
ニュース

 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 10月31日付け

 

    県民と連帯し県政を追及

 

県へ申し入れ.jpg

 奈良県9月議会は、県立高校削減計画や耐震化問題、医療費適正化計画に地域別診療報酬を導入する問題、名勝奈良公園に高級ホテルの建設計画に対して、近隣住民らが県監査委員会へ監査請求を行うなど、住民無視の県政への怒りの声がかつてなく高まるなかで開かれました。

 また、県議団による暮らしのアンケートにも「介護で困っている」「お金がなく医者にもかかれない」「消費税増税はやめて」「開発で奈良の良さを壊さないで」などの意見、要望が数多く寄せられました。

 党県議団は、代表質問、一般質問、予算・決算質問にたち、切実な願いに基づいて知事と論戦、実現を迫りました。

補正で補助実現

 補正予算で、全国でワースト2位と遅れている小中学校へのエアコン設置に、県独自の補助制度が実現しました。市町村の負担する費用の4分の1を補助するもので、県議団が8年前から要望を続け、県民の運動で実ったものです。

 県の医療費適正化計画では、削減目標を過大に設定(一人当たり削減額が大阪府の10倍)し、もし、これが達成できなければ、国保保険料を引き上げるか、医療機関に支払う診療報酬を奈良県だけ引き下げると、県民と医療機関を対立させる手法です。診療報酬の引き下げは、医療機関の存続にかかわり、県民の医療を守れなくなると医師会はじめ医療関係者から反対決議があげられています。今でも、払いたくても払えない国保料を滞納して保険証がなく医療を受けられないなど、深刻な受診抑制があります。これ以上の抑制ではなく、安心して医療を受けられるように、政府に国保会計への予算拡充を求めるべきと追求しましたが、知事はあくまで、県計画を実施する構えです。

拙速な高校削減

 県立高校削減計画は、県民に説明もなく意見も聞かず、あまりにも拙速であることや、平城高校を閉校にする理由が、奈良高校の耐震化工事をお金(約w億円)がかかるからと実施せず、平城高校跡地に移転することで解決しようとしていたことが明らかとなり、大きな怒りを呼びました。奈良市議会からは、党派を越えて22人の議員の緊急アピールが届けられ、平城高校の同窓会からも、拙速な採決をせず、計画の見直しをもとめる請願書が提出されました。

 党県議団は、反対運動に頑張る皆さんと連帯して、知事、教育長を追及しました。削減条例については、賛成多数で可決となりました。引き続き、計画見直しを求めてたたかいます。

 奈良高校の耐震化は、奈良市から避難所指定が取り消され、早急な対策を求める行政指導が県に対して行われる前代未聞の事態となり、生徒の安全を守るためにあらゆる手立てをとることを求めました。県も批判の高まりに、耐震対策を早急に実施するとしていますが、抜本的な対策を求めて引き続き頑張ります。

 台風21号による農林被害は、9億1300万円にも達し、深刻です。県議団は、農民連の皆さん、宮本たけし衆議院議員とも連携し、収穫前のナシが落下した被災農家やイチゴ農家のハウス被害、キュウリやナスなどの葉物野菜で被害を受けた農家の皆さんから、苦境を聞き、対策を求めました。政府交渉も予定しています。

(山村さちほ奈良県議団長)


コメント
コメントする








   

最新記事

記事カテゴリー

過去の記事

さらに古い記事

記事検索

その他

mobile

qrcode