ニュース 青年のページ 政策と主張 議員・候補者 リンク お問合せ プロフィール
ニュース

 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 10月30日付け

 

         奈労連定期大会

 

奈労連定期大会.jpg

 奈良県労働組合連合会(奈労連)は21日、第31回定期大会を奈良市内で開きました。

 あいさつした松本俊一議長は、強行採決された「働き方改革一括法」の「多様な働き方」という言葉にだまされることなく、さまざまな労働組合が情報を共有し、制度の本質を明らかにする必要があると強調。「労働組合の存在意義に確信を持ち、一致団結してたたかおう」と語りました。

 竹末和美事務局長が、奈労連のたたかいを総括し、2018年から19年の運動方針や取り組みについて報告しました。

 奈良学園大学教職員組合や、ならコープ労働組合、奈良自治労連、年金者組合県本部、県国家公務員共闘会議がそれぞれの取り組みについて報告しました。

 松本氏が議長に、竹末氏が事務局長に再任されました。

 日本共産党の、かまの祥二参院奈良選挙区候補が連帯のあいさつをしました。


コメント
コメントする








   

最新記事

記事カテゴリー

過去の記事

さらに古い記事

記事検索

その他

mobile

qrcode