ニュース 青年のページ 政策と主張 議員・候補者 リンク お問合せ プロフィール
ニュース

 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 10月28日付け

 

 

 参院選・地方選勝利を党と後援会が決起集会

 

決起集会.jpg

 参院選・統一地方選の勝利をと奈良県大和郡山市で27日、同市の日本共産党と後援会の決起集会が開かれ、市田忠義副委員長・参院議員は「日本共産党への支持を広げ来年の県議選、・市議選でも参院選でも躍進させてください」と訴えました。

 市田氏は、沖縄県知事選に続き、豊見城(とみぐすく)と那覇の市長選でも米軍新基地反対の候補が勝利したことにふれ、民意無視の安倍政権の強権政治が破綻したと指摘。ウソと隠ぺい、差別の政治や外交・経済も破綻するなか、「安倍政権の悪事を忘れず、沖縄のたたかいのようにあきらめ、市民と野党が立場の違いを超えて共闘したら、安倍政権を倒すことは可能です」と力説しました。

 さらに定数3の大和郡山市で初の女性の議席をめざす北野いつ子県議候補をはじめ統一地方選の候補を紹介。「統一地方選を参院選勝利と一体でとりくみ、日本共産党への支持を増やす大波を起こしましょう」と呼びかけました。

 かまの祥二参院奈良選挙区候補、北野候補、尾口いつぞう、上田けんじ、とくの衆の各大和郡山市議候補が訴え。山下よしき副委員長・参院議員がメッセージを寄せました。

 

1決起集会.jpg

 奈良県大和郡山市の日本共産党と後援会は、市田忠義党副委員長・参院議員を招き、参院選・統一地方選挙勝利がんばろう会を同市で開き、会場いっぱいの参加者であふれました。

 同市議選に出る、尾口五三、上田健二、徳野衆の三人の市議がそれぞれ「現有議席を守るために力をあわせてがんばります」と決意をのべました。

 北野いつ子県議候補は「子育て、教育を応援し、暮らしを守る県政へ、2人の子どもを育てるお母さんのパワー全開でがんばります」と訴えました。

 かまの祥二参院奈良選挙区候補は、市民と野党の共闘を広げれば、安倍政権を退場させ、政治を変えることができるワクワクする情勢になっているとのべ、「来年の選挙では、みなさんの大きなご支援をお願いします」と訴えました。

 参加した同市の 性は「国政の具体的な話しがわかりやすくて元気がでました。共産党に大きくなって欲しい」と話しました。


コメント
コメントする








   

最新記事

記事カテゴリー

過去の記事

さらに古い記事

記事検索

その他

mobile

qrcode