ニュース 青年のページ 政策と主張 議員・候補者 リンク お問合せ プロフィール
ニュース

 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 10月27日づけ

 

 

     猜己瓩僚今年も

 

2018正倉院展.jpg

 古都奈良の秋の風物詩「第70回 正倉院展」が、奈良国立博物館で開かれています。(11月12日まで)

 70回目を迎える今回の展示では、約9000件を超える宝物の中から、北倉10件、中倉16件、南倉27件、聖語蔵(しょうごぞう)3件の56件が展示されています(初出陳10件を含む)。

 中国・唐からの舶載品である「平螺鈿背八角鏡」(へいらでんはいのはっかくきょう)や朝鮮半島の王国、新羅(しらぎ)からの「佐波理加盤」(さはりのかばん・かさね椀)など国際色豊かな文物が多数出陳されています。

 また、べっ甲を用いた「玳瑁螺鈿八角箱」(たいまいらでんはっかくのはこ)や「沈香木画箱」(じんこうもくがのはこ)などの貴重な素材を惜しげもなく用いた豪華な工芸品。1300年以上も残っている貴重な麻製品なども展示されています。

 松本伸之同館館長は「正倉院宝物という世界に類のない文化遺産の価値や意義を見ていただけたらとおもいます」とあいさつしました。


コメント
コメントする








   

最新記事

記事カテゴリー

過去の記事

さらに古い記事

記事検索

その他

mobile

qrcode