ニュース 青年のページ 政策と主張 議員・候補者 リンク お問合せ プロフィール
ニュース

 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 10月27日付け

 

   奈良高校耐震化ただす

       県議会委 

     宮本県議建て替え要求

 

 県立奈良高校の耐震化が放置されている問題で23日、県議会文教くらし委員会の閉会中審査が、同校育友会が提出した「早期耐震整備を求める陳情」(10月16日提出)を受けて行われました。

 日本共産党の宮本次郎県議は、同校の建物の多くが国の求める耐震強度(IS値0.7)に達しておらず、とりわけ体育館(同0.05)などが地震で倒壊するおそれがあるのに、安全対策をおこたったことについて県教育委員会は、どう受け止めているのか、同校の耐震化の処置やプレハブの建設をいつまでに進めるのかと問いました。

 県教委は、反省すべき点があると感じていると答えながらも、「早急に対応していきたい」と答えるにとどまりました。

 最後に宮本氏は、「今の答弁では到底納得できない。奈良高校の耐震化と高校再編計画をリンクさせるべきでなかった。速やかに奈良高校を建て替えるべきだ」と訴えました。

 同委員会では、陳情書に示された、仮設校舎の早期設置など3点や奈良高校以外の高校の耐震化の状況を早急に調べること、県教委に対して、奈良高校の生徒の安全対策をどう考えているのか問うことを確認しました。


コメント
コメントする








   

最新記事

記事カテゴリー

過去の記事

さらに古い記事

記事検索

その他

mobile

qrcode