ニュース 青年のページ 政策と主張 議員・候補者 リンク お問合せ プロフィール
ニュース

 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 10月18日付け

 

     暮らし・社会保障守れ

 

キャラバン出発集会.jpg

 「軍事費を削って、くらしと福祉・教育の充実を国民大運動奈良県実行委員会」は15日、「憲法、平和・くらし、地域経済、社会保障を守れ 第27回自治体キャラバン出発 10・15昼休み集会」を近鉄奈良駅前で開き、60人が参加しました。

 井ノ尾寛利同実行委員長は、今年で27回目になる自治体キャラバンが福祉や教育、農業問題など160項目の切実な要求をかかげ、県内39市町村を回り要求懇談を行うとのべ、「私たちのたたかいに妥協も屈服もない。政治を変える力は、粘り強い切実な要求に基づく運動です」と訴えました。

 日本共産党の太田あつし県議は、「沖縄新基地建設反対、戦争する国反対の声をみなさんと一緒にあげていきたい」と連帯のあいさつをしました。

 集会後、参加者は県庁前まで「軍事費を削って、災害対策にまわせ」「憲法改悪反対 平和を守れ」などとコールしながらデモ行進。県庁前で荒井正吾奈良県知事宛てに全県・自治体キャラバン要望書を提出しました。

 日本共産党の、かまの祥二参院奈良選挙区候補も参加しました。


コメント
コメントする








   

最新記事

記事カテゴリー

過去の記事

さらに古い記事

記事検索

その他

mobile

qrcode