ニュース 青年のページ 政策と主張 議員・候補者 リンク お問合せ プロフィール
ニュース

 

    しんぶん赤旗奈良県ニュース

 

   奈良市議会有志が緊急アピール 

 

  

 奈良市議会議員有志22人(日本共産党奈良市議団6人を含む)は26日、「県立高等学校適正化条例を9月定例議会で議決せず、関係者の理解を得る丁寧な説明をつくすこと、県立奈良高校の耐震化をただちに行うことを求める」緊急アピールを荒井正吾奈良県知事と県議会、県教育委員会へ提出しました。

 緊急アピールでは▽地元からも愛される平城高校を閉校し、その校舎に奈良高校を移転させることに関係者の多くが心を痛めていること▽奈良高校の建物の耐震性は国の基準を大幅に下回り、地震による倒壊または崩壊する危険性が高いことが判明し、8月に奈良市は、避難所指定を解除したこと▽同市議会からの意見書に対して県教委から説明がされていないことなどが記されています。

 同市議会は6月議会で「県立高等学校適正化実施計画(案)の議決の延期を求める意見書」を全会一致で採択していることから、意見書の内容が9月県議会に十分反映され、徹底審議がされるよう求めています。


コメント
コメントする








   

最新記事

記事カテゴリー

過去の記事

さらに古い記事

記事検索

その他

mobile

qrcode