ニュース 青年のページ 政策と主張 議員・候補者 リンク お問合せ プロフィール
ニュース

 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 10月4日付け(地域発)

 

 

       民族文化財を考える

 

奈良の民族文化.jpg

 古都奈良の自然・文化遺産を守る会は、9月29日、奈良民俗文化研究所代表の鹿谷勲氏を講師に招き奈良の民俗文化財を考える学習会を奈良市内で開き。台風の近づく中、15人が参加しました。

 鹿谷氏は、奈良県各地に残る有形、無形の民俗文化財を例に示しながら、伝えられてきた文化財の値打ちを語り。民俗文化財とは、人々の生活の推移を理解するために欠かせないものであり、衣食住から生業・信仰・年中行事・芸能など多岐にわたるもので、その保存は、後継者の問題などもあるが、公開することで記録が残り文化財として指定を受けることができると話しました。

 資源活用という名目で、文化財の価値がわからない人達が考えた「文化資源活用」では、保存がないがしろにされる懸念があり。今、同県は「活用」のさきがけとなっているので民俗文化財の保存・保護について危惧しているとのべました。

 先年来から県が行っている「大立山まつり」についても、地域住民の願いを反映した地域の祭りとは相いれない、人のぬくもりが感じられないものとなっていると指摘しました。

 


コメント
コメントする








   

最新記事

記事カテゴリー

過去の記事

さらに古い記事

記事検索

その他

mobile

qrcode