ニュース 青年のページ 政策と主張 議員・候補者 リンク お問合せ プロフィール
ニュース

 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 10月3日付け

 

   NHKに放送法守る義務

     奈良地裁 集団訴訟で弁論

 

NHK.jpg

 「NHKは放送法を守る義務がある」と奈良県民126人がNHKの義務の確認と損害賠償を求めて訴えた集団訴訟の第10回口頭弁論が1日、奈良地裁で行われ65人が傍聴しました。

 弁論で同弁護団は、これまでの訴訟に加え、NHKは、受信者に対して、政治的に公平であることや報道は事実をまげないですることなどを定めた放送法第4条を守る義務を怠ったとして損害賠償を求める実質的当事者訴訟(行政訴訟)を追加請求することを予告。10月中に準備書面を提出するとしています。

 同日、「NHK問題を考える奈良の会」は同市内でNHK裁判の報告・講演会を開き、66人が参加。同訴訟の佐藤真理弁護団長が今後の裁判の進行予定や方針について報告し、「権力や市場原理主義の支配から、NHKを本当の公共放送とするために、視聴者、国民自身が『放送の主権者』としてNHK改革に参画していく必要がある」と訴えました。


コメント
コメントする








   

最新記事

記事カテゴリー

過去の記事

さらに古い記事

記事検索

その他

mobile

qrcode