ニュース 青年のページ 政策と主張 議員・候補者 リンク お問合せ プロフィール
ニュース

 

   しんぶん赤旗奈良県ニュース

 

    かっとばせー野党!

    奈良市民連合が総決起集会

 

決起集会.jpg

 安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合・奈良(奈良市民連合)は19日、「安倍退陣!戦争法廃止総決起集会」をJR奈良駅前で開き、300人が参加しました。

 溝川悠介共同代表は、「安保法制の廃止と立憲主義の回復、安倍9条改憲NO憲法守れの、市民と野党の本気の共闘ができるよう、同連合は政党間の接着剤として共闘の前進に全力をかける決意です」と訴えました。

 県内4政党の代表が連帯のあいさつ。藤野良次国民民主党県連代表は「安倍政権に歯止めをかけるために野党の結集こそ大切」とのべ、細野歩日本共産党県委員長は「市民と野党の共闘をおおいに前進させ、その力で安倍政権を打倒しよう」と訴えました。

 社民党奈良県連合の樹杉和彦代表は、「野党が結束してこの事態を乗り越えていこう」と話し、新社会党の稲葉耕一委員長が「安倍退陣へ市民や各政党の皆さんと一緒にがんばりたい」と訴えました。

 崎浜盛喜奈良・沖縄連帯委員会代表が、沖縄知事選挙の情勢と連帯を訴えました。

 浅川肇共同代表は「我々は正当な主権を行使して、安倍政権を一日も早く退陣に追い込もう」と訴えました。

 参加者は「かっとばせー野党!与党を倒せーおー!」「辺野古の新基地絶対反対!」などとコールしながら、三条通りをデモ行進しました。


コメント
コメントする








   

最新記事

記事カテゴリー

過去の記事

さらに古い記事

記事検索

その他

mobile

qrcode