ニュース 青年のページ 政策と主張 議員・候補者 リンク お問合せ プロフィール
ニュース

 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 9月18日付け

 

    辺野古基地建設やめよ

 

近鉄八木駅前集会9・16.jpg

 奈良県の橿原市9条の会は16日、「安倍9条改憲・辺野古新基地建設反対!近鉄大和八木駅前集会」を同市で開き、70人が参加しました。

 島岡將世話人代表は、米軍基地が集中する沖縄の現状やオール沖縄の県知事選のたたかいについてのべ、「玉城デニー知事候補の勝利を願い、奈良から心のこもった熱い連帯のメッセージを送りたい」とあいさつ。

 桜井市や宇陀市、葛城(かつらぎ)市の9条の会の代表と橿原市内の六つの9条の会が、沖縄連帯の寄せ書きなどを水谷和宏橿原市9条の会代表世話人に手渡し、それぞれの取り組みを報告しました。

 安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合・奈良の浅川肇共同代表は「戦後の日本が打ちたてた大事な柱の一つである平和憲法をどうしても守らなければならない」とのべ、崎浜盛喜奈良・沖縄連帯委員会代表は「平和を守るために一緒に玉城候補と連帯していきたい」と訴えました。

 「9条の会」奈良事務局担当の北野重一氏は「国民の世論、運動を盛り上げ、3000万人署名をがんばろう」と訴えました。

 参加者は「沖縄の辺野古基地建設やめろ」「玉城デニー氏を勝利させよう」「憲法9条守れ」とコールしながら横断幕を先頭に橿原市役所までデモ行進しました。 


コメント
コメントする








   

最新記事

記事カテゴリー

過去の記事

さらに古い記事

記事検索

その他

mobile

qrcode