ニュース 青年のページ 政策と主張 議員・候補者 リンク お問合せ プロフィール
ニュース

 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 9月15日付け

 

 台風21号 農家被害へ迅速対応を

 

台風災害申し入れ.jpg

 日本共産党の、かまの祥二参院奈良選挙区候補と奈良県議団は13日、台風21号による農業被害への迅速な対応と支援を求める要望書を、荒井正吾県知事へ提出しました。

 要望書は▽被災農家に対し、農業共済制度での早期支払いが速やかに行われるよう農業共済組合などに支援や要請を強めること▽農業用施設の再建や修繕・撤去については国に対して支援対策を要求すること▽多くの生産者が収入保険制度へ加入せず、農業共済制度への加入も掛け金の負担増加で脱退する現状があり、加入できるように県としても支援することなどを求めました。

 太田敦県議は、県内のナシの一大産地・大淀町の大阿太(おおあだ)高原に45戸あるナシ農家で約平均3割の実が落ち、風に弱いと言われる豊水では5割落果した農家があったとのべ「真摯(しんし)に対応してほしい」と話しました。

 かまの候補は「130年の歴史をもつナシづくりを支えてきた農家が意欲を持って続けられるように支援を」と訴えました。

 石井佳代県農林部次長は「真摯に受け止め、検討したい」と答えました

 


コメント
コメントする








   

最新記事

記事カテゴリー

過去の記事

さらに古い記事

記事検索

その他

mobile

qrcode