ニュース 青年のページ 政策と主張 議員・候補者 リンク お問合せ プロフィール
ニュース

 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 9月15日付け

 

「心ひとつに沖縄連帯、県知事選での玉城デニーさんの勝利を」「9条改憲やカジノ誘致に熱中するより被災者支援・災害対策を急げ」と14日、近畿2府4県の日本共産党と後援会はいっせい宣伝に取り組みました。

 

      保守・革新の壁越えて

 

近畿いっせい宣伝9・14.jpg

奈良県では、県内58駅で宣伝が行われ、郡山市、生駒市、天理市、平群町、三郷町、斑鳩町では、全駅で宣伝しました。後援会員が「近畿民報」を配り、沖縄支援を呼びかけました。

 JR奈良駅前では、山村さちほ県議と大宮支部、奈良民商事務局支部が宣伝。山村県議は「沖縄の知事選挙は、翁長氏の遺志を受けた、玉城デニ―候補を先頭に『辺野古への新基地建設許さない』と保守や革新の壁を超えて運動が広がっています。玉城氏への支援をお願いします」と訴えました。

 駅前で民報を受け取った男性は「自民党を応援してきたけど、退職してからは、共産党を応援している。早く安倍を倒してくれ。がんばって」と話しました。


コメント
コメントする








   

最新記事

記事カテゴリー

過去の記事

さらに古い記事

記事検索

その他

mobile

qrcode