ニュース 青年のページ 政策と主張 議員・候補者 リンク お問合せ プロフィール
ニュース

 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 8月10日付け

 

        十津川村訪問

 

十津川.jpg

 日本共産党のかまの祥二参院奈良選挙区候補、今井光子、太田敦両県議は3日、十津川村を訪問。更谷慈禧村長や森林組合に9月2日に党県議団と「吉野林業を考える会」が開催する「奈良の森林林業、山村活性化シンポジウム」を案内し、現状などを聞きました。

 更谷村長は、「7年前の紀伊半島大水害のあと、山をなんとかしないといけないと努力してきた。家具作りなどを援助したり、十津川材の『産直住宅』などで木を切り出す会社も2社から7社に増えている。しかし、山の仕事はすぐに成果がでるものでもない。粘り強く努力したい」と話しました。

 森林組合では、「生活できる収入がなければ、山で暮らせない。施主と産地を工務店が結ぶネットワークで仕事を増やしたい」と語りました。

 また、住民らとも懇談し「地域おこしの取り組みを村とも協力して進めているが、人口減をなんとかしないといけない」とのべました。

 林業シンポジウムは9月2日午後2時から橿原市の複合施設「ミグラス」で行います。


コメント
コメントする








   

最新記事

記事カテゴリー

過去の記事

さらに古い記事

記事検索

その他

mobile

qrcode