ニュース 青年のページ 政策と主張 議員・候補者 リンク お問合せ プロフィール
ニュース

 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 7月18日付け

 

  「安倍9条改憲にトドメを」

    橿原9条の会駅前で集会開く

 

八木駅前集会.jpg

 奈良県の橿原市9条の会は16日、「安倍9条改憲にトドメを」と近鉄大和八木駅前で集会を開き、40人が参加しました。

 水谷和宏同会代表世話人は「アメリカの起こす戦争に日本が加担する危険な動きを止めるには、3000万人署名を集め、安倍内閣を退陣に追い込むことだ」と訴えました。

 市民連合奈良事務局の池本昌弘氏は、「暴走する安倍政権から、憲法と今の平和を守り通すために、今後も取り組みを進めていきたい」と連帯のあいさつをしました。

 県内の政党から、日本共産党のかまの祥二参院奈良選挙区候補、新社会党の森川満副委員長、立憲市民フォーラム呼びかけ人の渡辺哲久氏が連帯のあいさつ。国民民主党の藤野良次代表のメッセージが読まれました。

 参加者は、横断幕を先頭に「憲法9条を守れ」「安倍内閣は退陣せよ」「国民の利益にならない法案やめろ」とコールしながら、橿原市役所までデモ行進しました。


コメント
コメントする








   

最新記事

記事カテゴリー

過去の記事

さらに古い記事

記事検索

その他

mobile

qrcode