ニュース 青年のページ 政策と主張 議員・候補者 リンク お問合せ プロフィール
ニュース

 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 6月13日付け

 

長谷川テルに思い寄せ奈良でつどい開催

 

長谷川テル.jpg

 戦前の治安維持法犠牲者で反戦活動家の長谷川テルに思いをよせるつどいが9日、大和郡山市内で開かれ、53人が参加しました。主催は「長谷川テル顕彰奈良県実行委員会準備会」。

 日中友好協会大阪府連の山本恒人副会長が講演。長谷川テルは奈良女子高等師範学校(現奈良女子大学)在学中にエスペラントを学び、1932年に左翼活動の容疑がかかり治安維持法で逮捕。退学処分になったことなどを説明しました。

 中国人留学生の劉仁と出会い結婚。1937年中国にわたり、中国に派兵された日本兵にむけ「あなた方の敵は、海を越えたこちら側にはいないのだ」とラジオで反戦放送。日本の侵略の実態をエスペラントで世界に知らせたことなどを紹介。「テルさんの顕彰は9条や平和を守りぬく運動を進めることにつながる」と訴えました。

 奈良蟻(あり)の会合唱団が「長谷川テルの歌 希望の鳩 ヴェルダマーヨ」を合唱しました。

 同日開かれた同実行委員会結成総会で、田辺実準備会事務局長は、テルの事績を調査・研究して、語り継ぎ、市民レベルで日中友好・親善を推進することは「不再戦の誓いを固め、北東アジアの平和に貢献することだ」と語りました。


コメント
コメントする








   

最新記事

記事カテゴリー

過去の記事

さらに古い記事

記事検索

その他

mobile

qrcode