ニュース 青年のページ 政策と主張 議員・候補者 リンク お問合せ プロフィール
ニュース

 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 5月31日付け

 

     奈良で沖縄連帯の集い

     新基地建設、運動で止める

 

糸数さん.jpg

 糸数氏が講演

 奈良AALA連帯委員会(ナラーラ)と県平和委員会など4団体は26日、「辺野古新基地建設は絶対に許さない沖縄連帯のつどいin奈良」を奈良市内で開き、95人が参加しました。

 参院会派「沖縄の風」代表の糸数慶子さんが講演。生後すぐの乳児と3歳の長男を戦火のなかで亡くした実母の体験、捕虜になることが最大の恥と教育され多くの県民が戦闘の巻き添えになった沖縄戦について語りました。

 戦後米軍の占領期と返還後も、女性や子どもが犠牲となった事件など基地がある沖縄の現状についてふれ、「米朝の話し合いがしっかり持たれ本当の意味でアジアが平和になれば基地をつくる必要はない」と訴えました

 奈良平和フォーラムの池本昌弘事務局長は、沖縄・辺野古のたたかいについて報告。辺野古では、埋め立て工事に向けた仮設通路の建設などが進められる一方、資材搬入はゲート前の抗議活動により大幅な遅れが出ているとのべ、「反対運動で工事をストップさせたい」と訴えました。


コメント
コメントする








   

最新記事

記事カテゴリー

過去の記事

さらに古い記事

記事検索

その他

mobile

qrcode