ニュース 青年のページ 政策と主張 議員・候補者 リンク お問合せ プロフィール
ニュース

 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 5月30日付け

 

     政権追い込み平和守る

 

2平和委員会総会.jpg

 奈良県平和委員会は27日、田原本町で総会を開き45人が参加しました。

 佐藤真理代表理事(弁護士)が「安倍内閣を退陣に追い込み、平和を守り生かす取り組みを進めるために今こそ、平和委員会の出番です」とあいさつ。日本共産党の今井光子県議と奈良革新懇の深澤司事務局長が連帯のあいさつをしました。

 講演した神奈川県相模原平和委員会の菅沼幹夫さんは、核兵器のない世界、平和で公正な世界の実現をめざす巨大な歴史の流れに逆行しているのが、米国の核戦略と核の傘のもと軍拡を進める日本だと説明。「今の自衛隊は、最小限の実力組織として専守防衛の任務につく自衛隊ではなく、米軍と一緒に海外で武力行使し、周辺国にとって脅威となる実力組織となっている」と話しました。

 討論では、4月3日に結成された斑鳩町平和委員会の男性が「これから、組織的、基礎的な内容を考えて活動していきたい」とのべるなど活発な意見が交わされました。

 2017年度活動報告や2018年度活動方針を採決。新役員として理事長に河戸憲次郎氏が、事務局長に水谷祐一氏がそれぞれ就任しました。


コメント
コメントする








   

最新記事

記事カテゴリー

過去の記事

さらに古い記事

記事検索

その他

mobile

qrcode