ニュース 青年のページ 政策と主張 議員・候補者 リンク お問合せ プロフィール
ニュース

 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 5月9日付け

 

    名勝守れ 計画再考を

  奈良公園内にホテル 会、県に要望

 

第4次署名・要望書提出.jpg

 古都・奈良の文化遺産を守る会の上野邦一氏と谷幸三氏の両共同代表らは7日、名勝・奈良公園の高級ホテル建設計画について、荒井正吾奈良県知事に要望書を提出しました。

 公園内の高畑町旧松林院(高畑裁判所)跡地に県がホテル業者に建設許可をした後に文化庁から同跡地への詳細調査を実施するよう指摘されたことから、県が充分な調査を行っていなかったことが露呈しています。

 要望書では、建設予定地で専門家による漏れのない調査を実施し、住民の意見を聞き、調査結果をふまえて計画の撤回を含めて再考するように求めています。

 同公園内の吉城園周辺地区にある県知事公舎についても専門家の調査を行うように要望しています。

 この日、「名勝・奈良公園内の高級ホテル建設中止を求める」署名の第4次分859人分(累計4190人分)も県へ提出。日本共産党の山村さちほ県議が同行しました。


コメント
コメントする








   

最新記事

記事カテゴリー

過去の記事

さらに古い記事

記事検索

その他

mobile

qrcode