ニュース 青年のページ 政策と主張 議員・候補者 リンク お問合せ プロフィール
ニュース

 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 3月27日付け

 

     奈良県予算が可決

     共産党、組み替え提案

 

 奈良県議会は23日、総額5066億5100万円の県一般会計予算案など全議案を可決して閉会しました。

 日本共産党の山村さちほ県議は反対討論に立ち、県立高校の再編計画が10年前の10校削減の総括もなく進められていることに、「性急に削減を進めるのではなく、県立高校の役割や子どもたちの願いに沿った県民的議論を尽くし、教育環境の充実を求めます」と訴えました。

 名勝奈良公園内への登大路バスターミナル建設や高級ホテルの誘致をすすめる計画に、自然環境と文化遺産を守ってほしいと多くの県民から反対の声がよせられていることをあげ、大型開発ではなく地域密着型の公共事業への転換を求め県予算に反対。職員定数の削減などに反対しました。

 日本共産党奈良県議団は、県民の納得・理解が得られない事業や不要不急の大型公共事業を削り、県民の暮らしを応援するため、国保料の軽減や介護保険料・利用料の減免、給付型奨学金の拡充など総額17億8千万円の予算組み替え提案を提出しましたが、賛成少数で否決されました。


コメント
コメントする








   

最新記事

記事カテゴリー

過去の記事

さらに古い記事

記事検索

その他

mobile

qrcode