ニュース 青年のページ 政策と主張 議員・候補者 リンク お問合せ プロフィール
ニュース

 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 3月20日付け

 

       変えるべきは安倍政権

 

八木駅前2.jpg

 奈良県の橿原市9条の会は18日、「憲法変えたらアカンがな!」集会を近鉄大和八木駅前で開き、60人が参加しました。

 同会の水谷和宏代表世話人は「改憲ノーの声を大きくするため、3000万人署名の推進をがんばろう」とあいさつ。広陵町、葛城市、桜井市、橿原市内の9条の会の代表もあいさつしました。

 戦争させない奈良1000人委員会の呼びかけ人浅川肇さんは「世論を広げ、3000万人署名を集め、私たちの力で憲法改悪をストップさせよう」と訴えました。

 日本共産党の太田敦県議は「憲法を守り暮らしに生かせと訴え引き続きがんばる」とのべ、民進党奈良県総支部連合会の藤野良次代表は「野党共闘で安倍政権に立ち向かう」と訴えました。

 社民党奈良県連合の樹杉和彦代表は「憲法を壊す安倍さんを退陣させよう」とのべ、新社会党奈良県本部の辻本和行書記次長は「変えるべきは憲法ではなく、安倍政権だ」と語り、立憲市民フォーラムの呼びかけ人の塩見俊次氏は「憲法9条は私たちの誇り」とのべました。

 参加者は「安倍9条改憲反対」「安倍内閣は退陣せよ」「森友疑惑を解明せよ」とコールしながら橿原市役所までデモ行進しました。


コメント
コメントする








   

最新記事

記事カテゴリー

過去の記事

さらに古い記事

記事検索

その他

mobile

qrcode