ニュース 青年のページ 政策と主張 議員・候補者 リンク お問合せ プロフィール
ニュース

 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 3月13日付け

 

     狄考問題、徹底的に追及

      宮本議員とおしゃべりカフェ

 

おしゃべりカフェ.jpg

 日本共産党の生駒市女性後援会は10日、同市内で「なんでもおしゃべりカフェ」を開き、36人が参加しました。

 宮本岳志衆院議員が、森友学園問題を追及する国会の様子を詳しく説明し、「佐川長官の辞任で森友問題を終わらせてはいけない。問題を徹底的に追及していく」と話しました。

 安倍政権は、今年中に改憲発議を狙っているが、発議をゆるさないたたかいをがんばりぬき、来年の参院選で野党共闘で改憲勢力を打ち破ることができれば改憲を止めることができるとのべ、「そのためには国民の声である3000万人署名を集めきることが必要です」と話しました。

 参加者の女性が「3000万人署名がなかなか集まらない、若い人に呼びかけてもしてくれない、どうしたらいいのか」と質問。宮本氏は「若い人たちには、ただ『署名して』と呼びかけるだけでなく、困っていることなどのおもいを聞き、つながっていくことが大切」と話しました。

 別の女性は「3000万人署名を集めるためには、私たちが、自身の子どもや孫たちなど身近な若い人に声をかけ、動くことが大事だと思った」と話しました


コメント
コメントする








   

最新記事

記事カテゴリー

過去の記事

さらに古い記事

記事検索

その他

mobile

qrcode