ニュース 青年のページ 政策と主張 議員・候補者 リンク お問合せ プロフィール
ニュース

 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 3月9日付け

 

      国保独自減免継続へ

     奈良市議会 山本直子市議

 

2017山本直子市議.jpg

 日本共産党の山本直子奈良市議は6日、3月市議会で代表質問をしました。

 4月から国民健康保険の運営が市町村から県になることに伴い、県が提示した標準保険料などの方針への、同市の対応や低所得者などへの配慮、市独自の減免制度がどうなるのかをただしました。

 仲川市長は、低所得者に配慮した設定を検討しているとのべ、減免制度も引き続き運用していきたいと答えました。

 介護保険制度改定で介護保険料の引き上げが低所得者世帯の負担になっているとのべ、引き上げを抑制するための対策について問いました。

 仲川市長は、介護給付費準備基金の取り崩しなどで上限の抑制につなげたいと答えました。

 安倍政権が9条改憲をねらう中、平和を守り市民の生命と財産を守るため、仲川市長に3000万人署名へ署名するように呼びかけ、自治体として平和を守るメッセージを政府に発信するよう求めました。

 仲川市長は、さまざな普及啓発活動で市民に平和意識の高揚を図りたいとのべるだけでした。


コメント
コメントする








   

最新記事

記事カテゴリー

過去の記事

さらに古い記事

記事検索

その他

mobile

qrcode